総合トップ 情報かる・ける > 転職の教科書 > 雇用形態 > 正社員に向いていない人の特徴は?対処法もあわせて紹介
情報 かる・ける

正社員に向いていない人の特徴は?対処法もあわせて紹介

正社員は雇用や収入が安定するという大きなメリットがあるものの、すべての人にとって満足できる働き方とは言い切れません。
なかには自分は正社員に向いていないと感じてしまう方もいるでしょう。
その場合、正社員が不向きな原因を見極めたうえで対策を練れば、自分らしい働き方を見つけられるかもしれません。

この記事では、正社員に向いていない人の特徴と対処法を解説します。
合わない理由が会社にあるのか、自分にあるのか分析したうえで、今後どのように働くべきかを考えるヒントにしてみてください。

正社員が向いていない人の特徴

正社員が向いていない人の特徴

正社員が向いていないと感じてしまう人の特徴として、次のようなものが挙げられます。

  • 一人で行動するほうが好き
  • ルールに縛られるのが苦手
  • 評価されるのが苦手
  • 理不尽なことが許せない
  • 労働条件が合わない
  • 将来の夢や目標がある

自分自身に当てはまる部分がないか、以下でチェックしてみましょう。

一人で行動するほうが好き

一人行動が好きな人は、正社員に向いていないと感じることがあります。
正社員として組織に属して働く場合、チームワークはさまざまな場面で必要不可欠です。

上司、同僚、部下と役割分担をし、協力しながら仕事を進めていかなくてはなりません。
一人で進めたほうが速いと感じたとしても、身勝手な個人プレーは周囲に迷惑をかけてしまう可能性があります。

そのため自分のペースで仕事をしたい人や集団行動が苦手な人、人間関係の構築とコミュニケーションが面倒だと感じる人は、正社員として働くなかで苦労する場面もあるでしょう。

会社のルールや慣習に縛られるのが苦手

正社員は基本的に、会社のルールに従わなくてはなりません。
派遣社員やパート・アルバイトと比較すると正社員のほうが仕事の責任も重くなるため、そのぶん会社の方針やルールに則った行動が求められます。

明文化された社内規則だけでなく、暗黙のルールや慣習が存在するケースもあるでしょう。
「新人社員や女性社員はお茶出しをしなくてはならない」など、なかには時代遅れなルールが残っている企業も存在します。
意味を見い出せないルールに従うのがつらい、慣習に縛られたくないと感じる人にとって、正社員という働き方は向いていないかもしれません。

評価されるのが苦手

周りから評価されることに苦手意識がある人も、正社員には不向きな可能性があります。
業績を評価されることに過度なプレッシャーを感じたり緊張したりして、精神的なストレスを感じる場合があるためです。
なかには評価制度へのプレッシャーが原因で、本領を発揮できなくなってしまう方もいるでしょう。

また、真剣に仕事に取り組んだにも関わらずそれに対する評価が正当でないと感じたとき、働く意欲が失せてしまい、正社員としての働き方に不満を抱くこともあります。

理不尽なことが許せない

正社員が向いていないと感じてしまう方の特徴として、理不尽が許せない正義感の強さも挙げられるでしょう。
自分が悪くなくても上司に叱られたり、同僚や後輩のしわ寄せに遭ったりと、正社員として働くなかで理不尽な場面に遭遇することはしばしばあります。
感受性が豊かな方は、上司からの小言を受け流すことが難しく、日々怒りや悲しみを感じるかもしれません。

会社によっては派閥争いに巻き込まれる、自由参加という名目の飲み会や休日のイベントに強制参加させられる可能性もあります。
付き合いの良さや協調性を強いられることが苦しいと感じる場合、正社員よりも適した働き方を模索しても良いでしょう。

労働条件が合わない

就職活動のときに労働条件を確認していても、いざ入社してから身をもって経験すると、自分には合っていなかったと感じることもあります。
予想より残業・休日出勤が多く労働時間が長い、労働内容と収入が見合っていないといった場合にも、自分の働き方に疑問を抱く原因となるでしょう。

また、自分のスキルや特技が仕事に活かせないときも、退職や転職を検討したくなる場合があります。

将来の夢や目標がある

将来実現させたいキャリアプランや目標があり、今の会社で正社員として働き続けても実現できそうにない場合、正社員以外の道を視野に入れたくなるかもしれません。
やりたいことのイメージがきちんとできている状態だと、なおさら理想と現実のギャップに苦しむことになるでしょう。

チャレンジ精神の強い人や夢を実現させるためにあれこれ試行錯誤したい人は、正社員の安定性にあまり魅力を感じない可能性があります。

正社員に向いていないと思ったときの対処法

正社員に向いていないと思ったときの対処法

自分が正社員に向いていないと感じたときの対処法には、以下の4つが考えられます。

  • 正社員が自分に向いていないと感じる理由を洗い出す
  • 今とは働き方の異なる転職先を検討する
  • 副業をする
  • フリーランス・起業も検討する

今の自分にとってどの対処法が必要なのか見極めてみましょう。

正社員は自分に向いていないと感じる理由を洗い出す

まず、自分が正社員に向いていないと感じてしまう原因を明確にする必要があります。
不満を抱いている原因が今の会社にあるのか、自分のとらえ方や性格によるものなのかを分析してみてください。

分析の結果、今の会社を離れるべきか、自分が変わるべきかを判断しやすくなります。
それと同時に、自分が仕事に求めるものや理想のライフワークバランス、労働条件のうち譲れないもの・妥協できるものを洗い出し、満足のいく働き方を絞り込みましょう。

今とは働き方の異なる転職先を検討する

現在の職場の労働環境や仕事内容が自分と合っていないと感じている場合は、違った働き方ができる会社への転職も検討してみてください。
同じ業界・職種であっても、企業理念や事業内容が違えば働き方にも変化があります。
現状の何に不満があるのか、自分の理想は何かを明確にし、軸を定めたうえで転職先を選ぶことが大切です。

なかにはリモートワークやフレックスタイム制、希望の時間帯に出勤しやすい交代制など、柔軟な働き方ができる会社も多くあります。
自分の希望が叶う会社を見つけられると、今の職場で不満を感じていた部分が解消され、正社員という働き方に満足できる可能性があるでしょう。

副業をする

正社員に向いていないとは感じているものの、退職や転職は躊躇してしまう場合、副業を始めるのも一案です。
自分が興味のあるジャンルを副業として挑戦しながら、今の会社に勤め続けるべきか考えてみましょう。

仮に副業が思いどおりにいかなくても、正社員を続けていれば収入が途絶えることはなく、比較的安心して自分のやりたいことを模索できます。

フリーランス・起業も検討する

正社員としてではなくフリーランスとして働く、あるいは起業を検討する方法もあります。
会社に属さず独立することで、慣習に縛られるストレスや評価されるプレッシャーなどを感じることなく、自分の能力を十分に発揮できるかもしれません。

ただし、フリーランスになると自己管理能力やスケジュール調整能力など、正社員として働くときとは異なるスキルが求められる点には注意が必要です。
自分の力を試したい、実現させたい夢がある方は一度チャレンジしてみても良いでしょう。

正社員が向いていないと感じたら、原因を見極めて今後の道を探していこう

自分が正社員に向いていないと感じたら、まずはその原因を分析する必要があります。
結果、自分の考え方次第では今の会社でも働き続けられるのか、それとも環境・待遇面など自分にはどうにもできない要素が原因で退職・転職すべきなのかが見えてくるでしょう。

正社員以外にも、フリーランスや起業、副業を始めるなど選択肢は多様にあります。
妥協できない労働条件や叶えたい夢があるのであればそれを優先し、自分にとって後悔のない働き方を見つけてみてください。

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国54,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。