総合トップ 情報かる・ける > 転職の教科書 > 雇用形態 > アルバイトの退職届の書き方は?注意点やテンプレートも紹介
情報 かる・ける

アルバイトの退職届の書き方は?注意点やテンプレートも紹介

アルバイトの退職届はどのように書けば良いのでしょうか。
アルバイトを退職する際、基本的には退職届は必要ありません。
しかし、職場によっては、退職届の提出を求められる場合があります。

本記事では、アルバイトの退職届の書き方や注意点、テンプレートなどを紹介していきます。
これから退職届を作成する方は、ぜひ参考にしてください。

アルバイトの退職届の書き方

アルバイトの退職届の書き方

ここでは、アルバイトの退職届を作成する際に準備するものと、記載する内容を、それぞれ見ていきましょう。

準備するもの

  • 用紙:A4もしくはB5の白無地のもの。派手でなければガイド線のあるものでも可
  • 封筒:用紙がA4なら長形3号、B5ならば長形4号が最適。郵便番号枠のないものを選ぶ
  • 印鑑:スタンプ型印鑑や、実印として登録しているものは避ける

また、退職届は手書きでもパソコンでも作成可能です。
手書きの場合は、黒のボールペンか万年筆を使います。
油性でも水性でもかまいませんが、消えるインクの使用は避けましょう。

記載する内容

アルバイトの退職届に記載する内容は以下のとおりです。

  • 「退職届」の表記
  • 「私儀」もしくは「私事」の表記
  • 退職理由
  • 退職予定日
  • 提出する日付
  • 署名部署と氏名
  • 会社名と代表者名

退職理由は、基本的には「一身上の都合」と記載すれば十分です。
詳細な理由まで記載する必要はありません。

アルバイトの退職届を書く際の注意点

アルバイトの退職届を書く際の注意点

アルバイトの退職届を作成する際には、以下の3点に注意してください。

  • 会社指定のフォーマットがあるかを確認する
  • 退職理由を詳細に書かない
  • 退職届は封筒に入れる

それぞれ見ていきましょう。

職場指定のフォーマットがあるか確認する

アルバイトの退職届を書く際には、職場が指定するフォーマットの有無をまず確認しましょう。
指定されたフォーマットがある場合は、それに従って作成する必要があります。
フォーマットの指定がない場合は、前述した記載内容や、後述する記入例などを参考に作成してください。

退職理由を詳細に書かない

退職届に記載する退職理由は、「一身上の都合」で十分です。
詳細な理由を書く必要はありません。
退職する旨と、退職予定日など、必要な情報だけを明確に記載しましょう。

退職届は封筒に入れる

アルバイトの退職届は、封筒に入れて提出するのがマナーです。
封筒の表面は、中央に「退職届」と記載し、他は何も書かないようにしましょう。
封筒の裏面には、所属部署と氏名を書きます。

封筒に入れる際は、書き始めの部分が上、書き終わりの部分が下になるようにして、用紙を三つ折りにします。そのまま用紙を左へ90度回転させて封筒に入れましょう。

退職届は封筒に入れる

アルバイトの退職届のテンプレートと記載例

ここでは、アルバイトの退職届のテンプレートと、縦書き、横書きそれぞれの記載例を紹介します。

アルバイトの退職届のテンプレート

【テンプレート】退職届 私儀

このたび、一身上の都合により、◯年◯月◯日をもちまして退職いたします。
◯年◯月◯日 所属部署 氏名 印
会社名 代表取締役 ◯◯殿

縦書きの場合の記載例

縦書きの場合の記載例

横書きの場合の記載例

横書きの場合の記載例

アルバイトの退職届の書き方を知って円満に退職しよう

アルバイトを退職する際、退職届は基本的に必要ありません。
提出を求められた際には、記載内容や注意点をチェックし、適切に作成するようにしましょう。
職場が指定するフォーマットがある場合は、そちらを使用します。

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国61,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。