総合トップ 情報かる・ける > 転職の教科書 > 雇用形態 > 派遣社員のデメリットとメリットを徹底解説
情報 かる・ける

派遣社員のデメリットとメリットを徹底解説

派遣社員は自分のライフスタイルに合わせやすく魅力的な雇用形態ですが、デメリットもあります。
派遣社員として働こうと思ったときに、どのようなデメリットがあるのか気になる人もいるでしょう。

この記事では、派遣社員のデメリットとメリットを詳しく解説しています。
デメリットをふまえたうえで派遣社員に向いている人も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

派遣社員のデメリット

派遣社員のデメリット

派遣社員として働くデメリットにはどのようなものがあるのか、具体的に見ていきましょう。
4つのデメリットを解説しますので、参考にしてください。

派遣社員について詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

雇用が不安定

派遣社員は、正規社員に比べると雇用が不安定です。 
派遣社員は契約期間が決まっているため、たとえ勤務先が自分にとって働きやすかったとしても、将来的にはほかの会社で働かなければなりません。

派遣社員の契約を更新する制度もありますが、更新は労働者ではなく勤務先の会社の判断に基づいて行われます。
契約満了日が近づくと、更新してもらえるのか不安になる人もいるでしょう。
安定した雇用を望む人には、派遣社員の働き方はデメリットになります。

賞与が支給されないケースが多い

正社員であれば基本的に年2回の賞与である場合が多いですが、派遣社員は賞与の支給がないと考えたほうが良いでしょう。

派遣社員に支払われる給与には、基本的には交通費や賞与の手当分が含まれていることが多いためです。
給与とは別にボーナスがあると思って契約先を決めてしまうと、予想していたより年収が低いと感じることもあるかもしれません。

派遣社員の平均年収について知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

派遣期間の上限が決まっている

派遣社員には、一つの職場あたりの雇用期間に3年の上限があります。
3年経過後に所属部署を変更してもらうか、無期雇用や直接雇用に変更してもらえれば、3年目以降も働くことができますが、基本的には同じ職場で長く働けません。

つまり、会社に残って欲しいと思われなければ、入職から3年後にはほかの職場を探さなければならないのです。

職場を移る際にはもちろん、同じ職場でも雇用形態が変わったり課が変わったりすることで、業務内容がまったく違うものになる可能性もあります。
業務内容の変化が苦手な人や、できるだけ勤務先を変えたくない人は注意が必要です。

責任の大きい仕事ができない可能性がある

派遣社員の場合、責任をともなう大きい仕事を任されない可能性があります。
派遣社員の業務内容は限定されていることがあり、正社員が行うような責任の大きな仕事はあまりありません。
派遣期間が決まっているため、勤務期間が短く任せられないという理由もあるでしょう。

大きい仕事を任されず同じ単調な業務ばかりだと、やりがいを感じなかったり、経験を積めなかったりというデメリットがあります。
責任の大きい仕事をやりたい人には、派遣社員よりも正社員のほうが向いているでしょう。

派遣社員のメリット

ここまで派遣社員で働くデメリットを紹介してきましたが、メリットも見ていきましょう。
デメリットとメリットを比較したうえで、自分に合った働き方なのかを考えてみてください。
<h3ライフスタイルに合わせた働き方ができる

派遣社員は、ライフスタイルに合った働き方を実現できます。
正規社員は基本的にはフルタイム勤務が求められ、決まった日数出勤する働き方です。
派遣社員であれば、勤務先や日数、勤務時間など、自分が求める条件で働ける可能性があります。

つまり働く時間を短くして、プライベートや副業に時間を費やすことも可能です。

派遣社員は副業しても問題ないのか知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

さまざまな職場で経験を積める

さまざまな職場で経験を積めるのも、派遣社員のメリットです。
派遣社員は契約期間が終わればほかの会社で働くことになるため、次々と新しいことを経験できます。

また、人との関わりも増えていき、同じ会社で働いているだけでは得られない経験ができるかもしれません。
さまざまな職場で得た経験を活かして今後のキャリアプランを決めたいという人には、理想的な働き方といえるでしょう。

派遣会社のサポートを受けられる

派遣社員は、派遣会社からのサポートを受けながら働けるのも魅力です。
例えば、仕事を探す際は、自分の能力にあった求人を派遣会社が紹介してくれます。

また、給料を上げたいと思ったときに自分が交渉する相手は派遣会社です。派遣会社は自分への評価を参考に、派遣先の企業へ交渉してくれます。
さらに、派遣期間が終了しても、これまでの経験をふまえたうえで次の企業を探してもらえます。

自分で仕事先を決めることや、会社と直接交渉するのが苦手な方には、良いサポートになるでしょう。

デメリットをふまえても派遣社員に向いている人

派遣社員は、さまざまな職場や人と関わりたい人や、ライフスタイルに合わせて自由度の高い働き方をしたい人に向いています。
また、責任の大きい仕事はプレッシャーがかかってしまうため避けたいという人にも、向いているといえるでしょう。
これらは人によっては、メリットとデメリットのどちらにもなります。

逆に、雇用の安定を求めている人や、将来的に役職につきたいという人は、派遣社員には向いていないといえるでしょう。
勤務先が変わると慣れるのに時間がかかるような人も、正社員として長く働くほうが良いかもしれません。

派遣社員のデメリットを理解したうえで働こう

派遣社員は、自分のライフスタイルに合った働き方ができるため、うまく利用すれば働きやすい環境がつくれます。
一方で、契約期間の悩みや、賞与がないといった問題点は避けられません。

派遣社員はなんとなく良さそうだからという理由で選んでしまうと、想像と違った働き方に困惑してしまうかもしれません。
派遣社員として働く場合は、メリットとデメリットを理解したうえで、より良い勤務先を見つけましょう。

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国61,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。