総合トップ 情報かる・ける > 転職の教科書 > 面接 > 面接で疲れるのはなぜ?疲れを感じる理由と対処法を解説
情報 かる・ける

面接で疲れるのはなぜ?疲れを感じる理由と対処法を解説

就職活動や転職活動の面接で、疲れを感じることは珍しいことではありません。
面接で感じた疲れにはきちんと対処し、次の選考に備えることが大切です。
この記事では、面接で疲れる原因を紹介したうえで、対処方法や、面接で疲れないためのポイントを紹介していきます。

面接で疲れを感じる理由

面接で疲れを感じる理由

面接で疲れを感じる理由は、人によりさまざまですが、主に以下の7つが挙げられます。

  • 自己アピールに慣れていない
  • マナーがわからずストレスを感じる
  • 面接官からのプレッシャーを感じる
  • 面接官からの質問が多かった
  • 面接のための対策に追われてすでに疲れていた
  • 面接が連日続いている
  • 不採用が続いている

それぞれ解説します。

自己アピールに慣れていない

面接では、自身のスキルや経験を積極的にアピールしなければなりません。
謙虚な人や、引っ込み思案な人は、普段の自分とのギャップに疲れてしまうことが多いでしょう。

マナーがわからずストレスを感じる

面接では、服装や髪型、立ち振る舞いなど、一定のルールやマナーを守る必要があります。
これらのマナーを知らなかったり、違和感を抱いたりすると、面接が疲れる原因になりやすいです。

面接官からのプレッシャーを感じる

面接官からプレッシャーを感じて疲れてしまうケースもあるでしょう。
特に社会人経験がない学生の場合は、社会人が怖い存在に見え、緊張から疲れやすくなることがあります。

面接官からの質問が多かった

面接官からの質問が多いと、そのぶん頭を使うため、疲れやすくなります。
特に、想定していなかった質問に回答する際には、その場で答えを考えなければいけないため、負担も大きいでしょう。

面接のための対策に追われてすでに疲れていた

就職活動や転職活動の面接は、企業研究や自己分析、ルールやマナーの習得、回答の準備など、さまざまな事前準備が必要です。
特に在職中に転職活動をしている人は、現在の仕事と並行して転職活動をする必要があるため、面接が始まる時にはすでに疲れていることも珍しくありません。

面接が連日続いている

自身の将来を左右する面接は、たとえ1件であってもストレスや緊張に晒されるものです。
特に同時にエントリーしている企業が多い人は、連日の面接となることも多くなりますから、疲れてしまってもおかしくありません。

不採用が続いている

不採用の通知が届くと、「あれだけ時間も労力もかけたのに結果に結びつかなかった」と、大きなストレスを感じてしまうものです。
それが複数回続けば、転職活動そのものに疲れを感じてしまうでしょう。

転職に疲れた方は、以下の記事を参考にしてください。

面接で疲れるときの対処法

面接で疲れるときの対処法

ここでは、面接で疲れてしまったときの対処法を、5つ紹介します。

できるだけ規則正しい生活を意識する

面接に疲れたときは、できるだけ規則正しい生活を意識しましょう。
本来の生活リズムを崩してしまうと、体調悪化や睡眠不足、肌トラブルなどを引き起こしてしまいます。
就職活動や転職活動が忙しいと、つい睡眠時間を削ってしまいがちですが、規則正しく生活し、高いパフォーマンスを出せる状態で次の面接に臨んだ方が、早期の内定を得やすくなるでしょう。

ストレッチをする

面接で疲れを感じるときは、ストレッチなどで体を動かすと良いでしょう。
運動する時間があまり取れない人や、普段運動をしない人も、1日15分程度ストレッチを行うだけで心身がリフレッシュし、良い状態で就職活動や転職活動に取り組めます。

趣味や娯楽も楽しむ

面接に疲れを感じるときは、一度転職活動そのものから離れ、趣味や娯楽を楽しんでみても良いでしょう。
就職活動や転職活動のことばかり考えて生活していては、ストレスからパフォーマンスが落ち、良い結果につながらない場合があります。
好きなものに触れ、適度な息抜きを心がけることで、平常心を保ちながら面接に臨めます。

瞑想をする

面接に疲れたとき、瞑想やマインドフルネスをするのも一つの方法です。
実践されている方の多くは、健康のためやストレス軽減のために利用されているようです。

信頼できる人と話す

面接に疲れてしまったときには、ご家族や友人、先輩など信頼できる人と話すと効果的です。
人に話し、言語化することで、自分の悩みを客観的に見つめ直すこともできるでしょう。
また、就活を経験したことのある人から、具体的なアドバイスをもらえるケースもあるかもしれません。

面接で疲れないためのポイント

ここでは、面接で疲れないための2つのポイントを紹介します。

自分と相性が良さそうな企業の面接を受けてみる

面接で疲れないためには、受かりやすそうな企業を選ぶのも一つの手段です。
受かりやすい企業とは、現状の自分のスキルが活かせそうな企業のことです。
やりたいことや、大手企業にこだわりすぎてうまくいかない場合は、受かりやすさを基準に企業を選んでみても良いでしょう。

面接対策をしっかり行う

面接当日に疲れないためには、事前の対策をしっかりと行っておくことが大切です。
特に敬語や服装など、基本的なルールやマナーは、身につけるのが面倒に感じるかもしれませんが、一度身につけてしまえば、それ以降のストレスを大きく減らすことができます。
また、本番を想定した模擬面接を繰り返し行うことで、面接に慣れ、本番での疲れを減らすことができるでしょう。

面接で疲れるときの対処法を知り就活を成功させよう

面接で疲れないようにするためには、規則正しい生活や息抜きを行ってリフレッシュした状態を保ちつつ、本番に向けて充分な準備をしておくことが大切です。
自分にあった疲れ対策をしながら、就職活動や転職活動に取り組んでください。

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国54,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。