総合トップ 情報かる・ける > 転職の教科書 > 面接 > 面接で緊張する方必見!緊張する原因・緊張しない方法を解説
情報 かる・ける

面接で緊張する方必見!緊張する原因・緊張しない方法を解説

緊張せずに面接を受けるにはどうしたら良いのか悩んでいませんか。
緊張しすぎて、大事な面接で失敗してしまうのは辛いものです。

この記事では、面接で緊張する原因と、緊張しない方法を解説しています。
また緊張したときの対処法も、前日と当日の会場でできることを紹介しており、面接で緊張してしまう方には必見の内容です。

これから就活で面接を受ける学生の方や、転職活動で面接を受ける方は、ぜひ参考にしてください。

面接で緊張する理由

面接で緊張する理由

面接で緊張するのは、なぜなのでしょうか。
緊張する理由を知れば、緊張をやわらげる方法がわかるかもしれません。

面接で緊張する理由は以下の3つが原因だと考えられています。

  1. 初対面の人と話すから
  2. 話す内容が日常的でないから
  3. 面接の結果が大事だから

それぞれ解説していきます。

初対面の人と話すから

初対面で緊張するのは、人だけでなく動物でも起こります。
危険からすぐに逃げられるように、警戒するためです。
人間も同じように、未知のものには警戒心が働くのが本能的だといえます。
初めて訪れる場所で、初対面の面接官と話すのは、緊張して当然といえるでしょう。

話す内容が日常的でないから

多くの就活生にとって面接で聞かれる志望動機、自己PR、長所・短所などの質問は、日常的に話すことはありません。
慣れない話を、自分の思いどおり上手に伝えるのは、難しいことです。
受け答えに自信が持てず、不安な気持ちが大きくなることから、緊張につながります。

面接の結果が大事だから

失敗したくない気持ちが強いほど、プレッシャーは大きくなります。
プレッシャーが大きくなるほど、緊張も強くなります。
仕事の採用面接の場合、人生の節目となる大事な面接のため、プレッシャーを感じて緊張するのは当然です。
せめて失敗したときのネガティブな気持ちよりも、自分なら大丈夫と前向きな気持ちで面接にのぞむようにしましょう。

面接で緊張しない方法

面接で緊張しない方法

面接でまったく緊張しないのは難しくても、やわらげる方法はあります。
面接の前日と、当日の面接会場でできることを紹介します。
少しでも力が発揮できるように、試してみてください。

面接の前日にできること

面接の前日は、当日に慌てなくて済むような準備と、力が発揮できるように休息を取ることが大事です。
前日の夜までに行ったほうが良いことを紹介します。

  • 寝る前に体を温める
  • 持ち物や余裕を持って到着できるスケジュールを組む
  • Web面接では操作テストを済ませておく

寝る前に体を温める

前日から緊張している場合のリラックス方法の一つが、お風呂で体を温めることです。
37〜39度のぬるいお湯に10分以上つかると、副交感神経が刺激されて、心の緊張も和らぎ、筋肉もゆるみ、リラックスした状態になれます。
そして、緊張して眠れなさそうな場合でも、眠りにつきやすくなる効果も期待できます。

しかし、一つ注意が必要なのは、42度以上の熱いお湯につかることです。
リラックス状態とは反対の交感神経を刺激してしまい、心拍数が増え、血圧が上昇しますので、温度には気をつけてください。

持ち物や余裕を持って到着できるスケジュールを組む

当日の朝は、緊張からいつもどおりの行動がとれないかもしれません。
持ち物や着替えなどの準備は前日の夜までに済ませ、朝に何もしなくても良いようにするのがポイントです。
また、会場までの所要時間やルートも前日までに確認しておきましょう。
交通機関の遅延や道を間違えたときのために、出発時間は余裕を持たせたスケジュールを組むと安心です。

Web面接では操作テストを済ませておく

Web面接では、操作手順を実際にテストしておきましょう。
面接直前が初めてのテストの場合、うまく接続できなかったときは慌てる原因となります。機器のトラブルが起きたときでも、発覚したのが前日であれば冷静に対処できるため、事前の確認が大事です。

Web面接では、対面の面接と違い、間合いが取りづらくなります。
緊張していると早口になりがちなので、注意が必要です。

当日の会場で緊張をやわらげる方法

順番を待っているときに緊張して固まっていると、血の巡りが悪くなってしまいます。
立ち上がって膝を伸ばしたり体を回したりすると、血の巡りが良くなりスッキリしますが、面接会場では人目があるため難しいかもしれません。

そこで参考になるのが、献血時に行うレッグクロス運動や、飛行機に乗っているときに行うエコノミークラス症候群を予防する体操です。
足を伸ばした状態で交差させて足首の曲げ伸ばししたり、踵を上下させたりします。

どちらも椅子に座ったままで、血の巡りを良くする体操になります。
座ったまま行えるので、目立つことはありません。
血が巡るとリラックス効果が期待でき、緊張も少しはやわらぎます。

面接で緊張しないコツ

面接で緊張しないコツは以下の3つです。

  • 面接の失敗を恐れずポジティブに
  • 面接に対する考え方を変える
  • 面接の対策を立てる

それぞれ解説していきます。

面接の失敗を恐れずポジティブに

緊張は「失敗したらどうしよう」という気持ちから生まれます。
「失敗は成功のもと」といわれることわざがあるように、失敗をポジティブにとらえて面接にのぞむのも緊張しないコツの一つです。
自分の思う失敗と、面接官が思う失敗が一緒とも限りませんし、失敗してもめげない姿勢が評価されるかもしれません。

面接に対する考え方を変える

緊張は自分を良く見せようと思う気持ちから生まれます。
以下の考え方を参考にすると、少しは緊張がやわらぐかもしれません。

  • 完璧でなくても良い
  • 採用後も関係は続くので、ありのままの自分を見せたほうが良い
  • 緊張しているほうが相手に真剣な気持ちが伝わる

面接官のほうも、応募者が緊張していることはわかっているため、緊張がマイナス評価にはなりません。
採用側も自分らしさを求めており、対策本などで用意した答えなどは、面接官にはわかってしまいます。
緊張している自分を受け入れて、自分らしさを出すのも大切です。

面接の対策を立てる

緊張は不安な気持ちがあるときに出やすいです。
対策を立てることで自信をつけ、少しでも緊張をやわらげましょう。

面接の主な対策方法は以下の2つです。

  • 質問を予想し準備する
  • 自分のペースを保つ

それぞれ紹介します。

質問を予想し準備する

面接で聞かれる質問を予想し、前もって回答を準備しておきましょう。
志望動機、長所、将来やりたいことなどは答えられるようにしてください。
質問を書いた紙を裏返して、めくった順番に答える練習は、突然質問されたときの対策としておすすめです。

自分のペースを保つ

予想外の質問をされたときは、焦って頭が真っ白になってしまうかもしれません。
早く答えないといけないと思えば思うほど、焦りが増していきます。

そんなときの対処法として、面接官の言葉を復唱するのがおすすめです。
復唱することで、考えを整理する時間が生まれ、自分のペースを取り戻せます。
いざというときに、自分のペースを取り戻すための対策方法として知っておくと安心です。

面接の緊張を味方につけ、自信をもってチャレンジしよう

面接で緊張する理由は、初対面の面接官に慣れない環境で、慣れない質問を受けるためです。
前日の準備として、お風呂で体を温めリラックスをすること、余裕を持った準備とスケジュールを組むことが大事になります。

また気持ちの面でも、緊張していることを悪いことだと思わず、自分らしさをアピールするつもりで面接にのぞみましょう。
緊張をなくすことはなかなかできませんが、やわらげることはできるはずです。
緊張を味方につけて、自信をもって面接にチャレンジしてください。

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国37,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。   https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。