総合トップ 情報かる・ける > 転職の教科書 > 転職 > 転職できないのはなぜ?転職活動が進まない理由や対策について解説
情報 かる・ける

転職できないのはなぜ?転職活動が進まない理由や対策について解説

転職活動が長期化すると、自分に何か問題があるのではないかと不安になるかもしれません。
原因がわからない限り、対策の仕方にも困ってしまいます。
転職活動を成功させるために今の自分に足りないものや、やるべきことを洗い出すことから始めてみましょう。

本記事では転職がなかなかできない人に共通する特徴と、転職を成功に導くための対策を解説します。
焦らず現状を見つめ直すことで、解決の糸口が見えてくるかもしれません。

転職できない人に共通する特徴

転職できない人に共通する特徴

転職できない人に共通する特徴として、以下が挙げられます。

  • 企業の求める人材を理解できていない
  • 企業の理念と自分の考え方が合っていない
  • 企業を絞りすぎている
  • 年齢的に厳しい
  • キャリアやスキルを身につけていない
  • ゴールが明確化できていない
  • 企業に良い印象を与えることができていない
  • 仕事をする目的や動機が伝わっていない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

企業の求める人材を理解できていない

転職活動を進めるうえでは、企業の求める人材を理解することが大切です。
自分の強みをありのままに伝えるのでなく、企業が必要としている人材像をふまえて、どのように貢献できるのかを的確にアピールしなければなりません。

マッチ度の低い人材は早期退職のリスクがあるため、企業としては避けたいのが本音です。
このため採用担当者は、応募者が自社の一員として長く働けるかどうかを、面接などを通してチェックしています。
働きながらの就職活動はやることが多くありますが、企業分析にはしっかり時間を割く必要があるでしょう。

企業の理念と自分の考え方が合っていない

企業理念と自分の考え方が合っていない場合も、転職が難航する原因となります。
企業研究が足りないのと同時に、自己分析も不十分な可能性があるでしょう。

ただし、企業理念に自分の考え方を無理に合わせてしまうと、いざ採用されても働き出してからミスマッチに苦しむことになるかもしれません。
就職活動を成功させるうえで重要なのは、自分の強みを活かせて、かつ理想のキャリアを実現できる企業を見つけることです。

企業を絞りすぎている

志望企業を絞りすぎるのも、転職が長期化する原因の一つです。
自分の求める条件すべてが当てはまる企業は、まず見つからないと思っておきましょう。

条件が多くある方は優先順位をつけたうえで、特に譲れないものを3つ以内に絞ってみてください。
条件を絞ることで、より多くの会社を視野に入れることが可能です。

また、一つの企業の結果が出てから次の企業を探して応募に移ると転職活動に時間がかかります。
少しでも希望条件に当てはまっていて興味のある企業は、面接で話をして判断するくらいの気持ちで積極的に応募してみましょう。

年齢的に厳しい

一般的に、転職活動は年齢が上がるごとにハードルが高くなる傾向にあります。
特に応募企業の指導者や管理職が自分より若い場合、採用担当者から敬遠されてしまう可能性もゼロではありません。
単に指示をしづらいというだけでなく、若い世代に比べて柔軟性やポテンシャルに欠けることを懸念されるケースもあるでしょう。
この場合、同年代が多い企業や業界に狙いを定めて転職活動をする手もあります

キャリアやスキルを身につけていない

転職先の企業が重要視したいスキルやキャリアを身につけていない場合も、採用にはつながりにくいでしょう。
ポテンシャルが評価される新卒採用とは異なり、転職では相応のスキルやキャリアが求められます。

希望する業界の転職市場に対するリサーチが不足していると、企業が求めるニーズも把握できません。
転職をスムーズに進めるには、企業のニーズと自分の市場価値を正しく把握することが重要になります。

ゴールが明確化できていない

就職活動のゴールが明確化できていない場合も、就職活動は難しくなりがちです。
ゴールが明確ではない方には、次のような傾向があります。

  • 自分が希望するキャリアビジョンを描けていない
  • 現在の職場で抱えている問題が転職先では解決できると思い込んでいる
  • 職場への不満だけが転職したい理由になっている

自分が転職活動の先に何を求めているのか、どうなれば満足なのかを理解できていないと、転職先選びの軸も定まりません。
また、キャリアビジョンが不明瞭なまま転職しても満足感は得にくいでしょう。

転職の理由が曖昧な方は、採用担当者に見抜かれます。
新しい職場で実現したいビジョンを明確にし、転職の軸を定めるのがポイントです。

企業に良い印象を与えることができていない

転職先がなかなか決まらない場合、企業へ与える印象に問題があるのかもしれません。
例えば面接への遅刻や日時変更が多いなど、スケジュール管理の甘さは企業の心証を悪くします。
仮に予定が重複してしまった場合は、面接を優先するのが賢明です。

さらに、面接時のマナーが身についていない、身だしなみが整っていないなどは、社会人として信頼に欠けると判断される可能性があります
逆質問のタイミングで「特にありません」と返答するなど、積極性に欠ける場合も採用担当者は良い印象を受けないでしょう。

仕事をする目的や動機が伝わっていない

採用担当者に自分の熱意が伝わらなければ、採用される実力を持っていたとしても、せっかくのチャンスを逃してしまいます。
応募書類の書き方に課題が多い、または面接での自己PRがうまくいっていないことが原因として考えられます。
この場合、応募書類の添削を依頼したり、面接対策をしっかりと行ったりといった努力が必要でしょう。

転職活動がうまく行かず不安になってしまったときは

転職活動がうまく行かず不安になってしまったときは

転職活動が思うように進まないと、「自分は無能なのかも」と落ち込むこともあるかもしれません。
しかし、転職のしにくさは市況や時期による求人数の変動も影響します。
必ずしも自分だけに原因があるとは限らないことを覚えておきましょう。

状況を好転させるために自らできるのは、今の課題を洗い出して、解決のために行動することです。
キャリアビジョンが不明瞭ではないか、応募先の理想が高くなりすぎていないかなど、原因として考えられることを探ってみてください。
こうした課題と向き合った結果、軸が定まり転職活動がしやすくなることもあります。

それでも不安が拭いきれないときには、転職活動を一度休むことを検討しても良いでしょう。
モチベーションが戻るまで、資格取得や現職の業務に励んでスキルを磨くのも一案です。

転職できない人が成功するための秘訣

転職できない人が成功するための秘訣

転職ができない人の共通点を解説してきましたが、上述した内容に当てはまる場合でも、コツをおさえることで転職活動はぐんと進めやすくなります。
転職を成功させるコツは、以下のとおりです。

  • 働きながら転職活動を行う
  • 転職後のゴールを定める
  • 自分の考え方や強みに合った企業を探す
  • 計画的にスキルアップしていく
  • 挑戦する企業数を増やす
  • 質の良い情報を集める
  • 転職のプロに相談する
  • ハローワークや公共職業訓練を活用する
  • 転職活動をいったんやめてみる

詳しく見ていきましょう。

働きながら転職活動を行う

転職活動は、働きながら同時進行しましょう。
転職先が決まっていない状態で退職届を出した場合、内定をもらえるまでの期間が長引くほど居心地が悪く、精神的に苦しくなってきます。

焦りが出ると妥協で転職先を選んでしまう恐れもあり、結果的に後悔しかねません。
退職までのスケジュールには余裕を持って、働きつつ転職活動を行うのがベストです。

転職後のゴールを定める

転職の理由が曖昧になっている場合は、まずゴールを定めましょう。
次の二つについて自分の考えをまとめてみてください。

  • 転職後、自分は応募先企業でどうなりたいか
  • 働くうえで自分が大切にしたい価値観

転職先で挑戦したいポジションやキャリアアップの目標、理想とする働き方などを言語化してみる必要があります。
あまりにも不採用が続く場合、転職の方向性を見つめ直す必要があるかもしれません。
ただし、自分の価値観をないがしろにしてしまわないように注意しましょう。

ゴールが明確になると、自分に合った企業を見つけやすくなります。
また、企業側から転職理由を聞かれた際に具体的な目標を掲げられるので、前向きさが評価されるでしょう。

自分の考え方や強みに合った企業を探す

自分の価値観や強みにマッチした企業を見つけることが、転職成功の鍵を握っています。
よって、自己分析と企業分析はしっかりと行いましょう。

自己分析では、自分の持っているスキルは何か、強み・得意なことは何かを明確にします。
そして自己分析で得た情報をもとに、マッチ度の高い企業を探してみてください。
やりたい仕事と自分に向いている仕事が一致するとは限りません。

企業の求人情報だけでなく、ホームページやパンフレット、口コミなども参考に、自分の強みと企業の求める人材が合致するかを整理しましょう
自分を採用することで企業にどのようなメリットがあるのかがわかると、自己PRもしやすくなるはずです。

計画的にスキルアップしていく

目標とする業界・企業へ入社するための実力が足りないと感じている場合、計画的にスキルアップする必要があります。
特に未経験もしくは異業種への転職であれば、業種に関連した資格を取得するなど自分に合った方法でスキルアップしましょう。

すでに資格を持っている方も、スキルの底上げのために追加で資格取得をめざしてみてはいかがでしょうか。
副業可能な職場なら、空いた時間を使って興味のある業界や職種を副業として経験するという方法もあります。

挑戦する企業数を増やす

応募企業を増やして数をこなすことも、転職を成功させるには有効です。
上記でも触れたとおり、条件を絞りすぎると転職先の選択肢が狭まります。
チャンスを増やすためにも、広い視野で企業に関心を持つようにしましょう。

条件をある程度満たす企業があれば、複数社並行して応募しておくと効率良く転職活動を進められます。
また、転職サイトや転職エージェントを活用する、知人に紹介してもらうなど、企業の探し方を変えてみるのも手です。

質の良い情報を集める

企業について知りたいとき、インターネットで情報を集める以外にOB・OG訪問や企業見学に行くという方法もあります。
現場に近い情報は質が高く、実際に働いたときの姿を想像しやすくなるでしょう
また、内部事情を知るには口コミサイトが役立つかもしれません。
業界や企業の世間的なイメージと期待だけで応募すると、入社後のギャップで苦労する恐れもあるため注意が必要です。

今の会社でもう少し頑張ってみる

転職活動に行き詰まったときには、気持ちをリセットして現職でもう一度頑張ってみるのも良いでしょう。
転職へのモチベーションが下がったまま面接を受け続けても、自信のなさは採用担当者に伝わってしまうものです。
現職でスキルやキャリアを磨くことが、不採用の悪循環を断ち切るきっかけになるかもしれません。

転職は、今の会社でできないこと、達成できない目標を叶えるための一つの手段です。
果たして本当に今の環境では達成できないのか、そのための努力は足りていたのか今一度振り返ってみましょう。

転職のプロに相談する

自分一人での転職活動に限界を感じたときは、転職のプロに相談するのも一案です。
転職エージェントを利用するメリットには、以下が挙げられます。

  • 応募書類の添削をしてもらえる
  • 面接の練習をしてもらえる
  • 一人ひとりにあったアドバイスをもらえる
  • 面接日の調整など企業とやりとりをしてもらえる

また、エージェント経由で面接を受けた企業で不採用となった場合、その理由を教えてもらえる場合もあります。
上記を通して、これまで気付けなかった自分の弱点が見えてくるかもしれません。
弱点への具体的な改善策を提示してくれるのも、転職エージェントの魅力です。

ハローワークや公共職業訓練を活用する

ハローワークでは、自分の能力に合った求人検索をしてもらえます。
気になる企業があればその場で紹介してもらえるため、上手に活用しましょう。

また、雇用保険に未加入もしくは加入対象外の方は、働きながら公共職業訓練の利用もできます。
月の収入が8万円以下の場合、給付金を受け取りながら転職活動に活かせるスキル取得をめざすことも可能です。

転職がうまくいかないときは理由を明確にし、一つずつ解決することが大切

転職ができないとき、必ずしも自分に原因があるわけではありません。
しかし、自己分析と企業分析を行ったりゴールを明確化させたりと、自分で解決できることも多くあります。

不採用が続いてしまうとネガティブになりがちですが、その消極性が採用担当者に伝わって悪循環となるかもしれません。
自分に自信を持てるように、まずは課題と向き合い焦らず一つずつ解決していきましょう。
一人での転職活動が不安になったら、転職エージェントやハローワークの力を借りることも検討してみてはいかがでしょうか。

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国54,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。