総合トップ 情報かる・ける > 転職の教科書 > 転職 > 転職活動中の履歴書の学歴はどこから書くと良い?
情報 かる・ける

転職活動中の履歴書の学歴はどこから書くと良い?

転職活動に必要となる履歴書で、学歴欄はどこから書くのが正しいかをご存じでしょうか。
義務教育にあたる小学校・中学校などの情報まで詳しく書くべきなのか迷います。
また、中退歴がある方は、採否に影響しそうで書くのをためらってしまうかもしれません。

本記事では、転職時に履歴書の学歴欄にはどこから書くべきかを解説しています。
基本ルールを守って、好印象な履歴書を作成しましょう。

転職の場合、学歴はどこから書けば良い?

転職の場合、学歴はどこから書けば良い?

履歴書の学歴欄には、高等学校から書くのが基本的なルールです。
このとき必ず正式名称で記載するようにしましょう。

転職活動中の履歴書の学歴はどこから書くべきか、記載の仕方や注意点と併せて解説します。

基本的に高校から記載すれば良い

転職用の履歴書の学歴欄は、高等学校卒業から記載するのが一般的です。
最終学歴が中学校の場合、中学校卒業と書きます。

中途採用で重要視されるのは、主に職歴です。
ただし、企業のなかには応募者が受けてきた教育水準を判断要素の一つにしているケースもあります。
このため義務教育を終えてから高校や大学、専門学校などへ進学した方はその旨を記載しておきましょう。

最終学歴が大学院卒の方も同様に、高校卒業から記載します。
修士課程か博士課程なのかまできちんと明言することが大切です。

その他、履歴書の学歴欄を書くときの注意点は以下のとおりです。

  • 学校名や学部・学科・専攻は正式名称で記載する
  • 入学・卒業年は西暦か和暦のどちらかに統一
  • 卒業時の表記について高校や大学は「卒業」、大学院は「修了」

学歴に中退がある場合も書く

中退経験がある方は、学歴欄に中退したことも忘れずに記載してください。
なお履歴書をはじめとした書類では、中退ではなく中途退学と表記しましょう。
理由については、簡潔に「家庭の事情により中退」「一身上の都合により中退」などと記載して大丈夫です。

中退のことを履歴書に書かなかった場合、空白の期間を面接で聞かれる可能性があります。
また、中退を知られたくないために卒業したと偽るのは学歴詐称です。
採用後にこの事実が発覚した場合、懲戒免職や解雇にもなり得るため避けましょう。

履歴書の学歴欄は基本的に高校から、中退も含めて書く

転職時の履歴書の学歴をどこから書くべきか迷ったとき、基本的には高校から記載しておけば間違いありません。
学部名や学科名も略さずに正式名称で記載してください。

また、中退歴のある方は中退した年と併せて記載しましょう。
理由まで詳しく書く必要はありませんが、面接時に聞かれたときのために回答を考えておくと良いかもしれません。

なお転職時の履歴書で重視されるのはあくまでも職歴のため、転職回数が多い方であれば職歴のスペースを多くとるのがおすすめです。

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国54,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。