総合トップ 情報かる・ける > 転職の教科書 > 転職 > 転職の証明写真を撮るポイントは?適切な服装や撮り方を解説
情報 かる・ける

転職の証明写真を撮るポイントは?適切な服装や撮り方を解説

転職で履歴書を提出する際には、多くの場合証明写真を貼付しなければなりません。

この記事では、転職の証明写真を撮るポイントを紹介しています。
証明写真を撮る際の適切な服装や撮り方も解説しているので、ぜひ参考にしてください。

転職の証明写真は履歴書の重要ポイント

転職の証明写真は履歴書の重要ポイント

転職の履歴書において証明写真は、採用担当者から「会ってみたい」と思ってもらうために重要です。
採用担当者は履歴書に貼付された顔写真から、以下の点を見ています。

  • まじめで明るそうな雰囲気か
  • 清潔感のある身だしなみか
  • 証明写真としてのルールが守られているか

 

上記のような点を確認したうえで、転職希望者の人柄を判断されることもあるでしょう。
証明写真から好印象を持ってもらうためにも、証明写真を撮る際のポイントを押さえておくことが大切です。

転職における証明写真の基本

転職で採用を得るためには、一定のルールに則って証明写真を撮ることが大切です。
証明写真としての最低限のルールが守られていないと、採用担当者から「社会的常識がないのでは?」と思われることもあります。

ここでは転職における証明写真の基本をあらためてご紹介します。

履歴書のサイズに合わせる

履歴書のサイズに合わせる

撮影する写真は、履歴書のサイズに合わせることが大切です。
具体的なサイズは履歴書によって多少異なりますが、一般的な履歴書では縦4cm、横3cmのものを用意すれば問題ないでしょう。
駅構内などにあるスピード写真では、履歴書用と書かれたものがあらかじめ用意されています。

また、履歴書に貼付する際には裏面に自分の名前を書いておくと、万が一剥がれてしまった際にも安心です。

3ヵ月以内に撮った写真を貼る

履歴書に貼る証明写真は、撮影してから3ヵ月以内のものを貼りましょう。
3ヵ月以上前の写真の場合は、髪型や体重の増減などで見た目の印象が変わっていることもあるからです。

また、たとえ前回の撮影が3ヵ月以内であっても、髪型やメイクなどを大きく変えた場合は新しく撮りなおすことをおすすめします。
面接で採用担当者と会った際に見た目の印象が写真と違わないよう、証明写真は面接の少し前あたりに用意するのが良いでしょう。

帽子やアクセサリーに注意

証明写真を撮る際は、帽子の着用は避けるべきです。
撮影時は帽子を取り、顔全体が見えるようにしましょう。

また、アクセサリーもつけないほうが無難です。
女性の場合はある程度理解を得られるケースもありますが、小さいピアス程度に止めておくようにします。

メガネは、男女ともに着用に問題はありません。
しかし、あまりにもファッション性に優れたものはビジネスシーンにそぐわず、常識がないと判断される場合もあるため、シンプルなデザインのものを選びましょう。

転職の証明写真にふさわしい服装

転職の証明写真を撮る際は、服装に気をつけることも大切です。
ここでは、転職の証明写真にふさわしい服装を簡単に紹介します。

別の記事ではより詳細に転職時の服装を解説しているので、そちらもぜひ参考にしてください。

男性の服装

男性の服装

男性の場合はビジネスの場にふさわしいよう、スーツを着用して撮影を行います。
ただし、スーツを着てさえいれば良いというわけではないので、以下の表を参考にして社会人としてふさわしい服装を心がけましょう。

スーツ リクルートスーツは、学生のような頼りなさが出てしまうのでNG。
社会人としてふさわしいグレーやネイビーなど落ち着いた色合いのスーツを着用。
インナー 白シャツを着用して、ボタンは一番上までしっかりと留める。
ネクタイ 華美すぎないものを揃えて中心線を揃えるように締める。
曲がっているのはだらしないのでNG。
髪型 アレンジのしすぎは社会人としてNG。
清潔感を大切にして、誠実で知的なイメージのある見た目を意識する。

女性は男性よりもファッションの幅が広いですが、証明写真では男性同様スーツの着用が基本です。
具体的には以下の表を参考にしてください。

スーツ 男性同様、リクルートスーツは避ける。
社会人らしく紺、グレー、キャメルなど落ち着いた色合いを選ぶ。
インナー 白シャツでも問題ないが、リクルート感が出てしまいやすいのでブラウスがおすすめ。
シンプルなデザインのものを選び、色は白やパステルカラーで爽やかな印象に。
髪型 ロングヘアの場合は1つにまとめて、前髪はサイドに流す。
おでこや耳を隠すと自信がなさそうな印象になるので注意。
メイク ナチュラルメイクが基本。
華美にならないよう無難なメイクをめざす。

男性の服装

転職の証明写真は、撮る場所や撮影方法を変えるだけでもクオリティが大きく変化します。
ここでは、転職の証明写真を撮る場所や、方法ごとのメリットやデメリットを解説します。

写真館は仕上がりがきれいになる

プロのカメラマンに依頼する写真館は、プロならではのきれいな証明写真を撮ることが可能です。
姿勢や表情などのアドバイスももらえるので、面接官からより好印象を持ってもらえる写真に仕上げられるでしょう。

ただし、その他の方法に比べると料金がかかるうえ、仕上がるまで一定の期間が必要です。

スピード写真はすぐに仕上がる

駅構内などによく設置されているスピード写真は、手軽に証明写真を撮れるメリットがあります。
サイズも「履歴書用」を選択するだけで良いので、失敗するリスクも低いでしょう。
また、料金も1,000円前後に抑えられるため、写真館などと比較すると証明写真にかかる費用を抑えられます。

ただし、仕上がりの質は写真館などプロに頼んだ場合より当然劣ります。
面接官から見て「写真の用意が間に合わなかったのか?」と思われるケースもあるので、注意が必要です。

スマートフォンアプリは自宅でも撮影できる

スマートフォンアプリを使用して証明写真を撮ることも可能です。
撮影はもちろんのこと、撮りなおしも無料で何回もできるため、コストをかけずに納得のいく写真を撮影できます。

ただし、写真館やスピード写真のような仕上がりは期待できません。
採用担当者にもどうしても手抜きの印象を与えてしまうので、できれば避けたい方法です。

転職の証明写真はきれいに撮れば好印象に

転職の証明写真は、採用担当者から良い印象を持たれるために大切です。
服装や髪型に気を付けて、採用担当者から会ってみたいと思ってもらえるようにしましょう。

また、撮影方法を変えるだけでより好印象を持ってもらえることもあります。
写真館などのプロの手も借りながら、中途採用をめざしてください。

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国61,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。