総合トップ 情報かる・ける > 転職の教科書 > 転職 > 20代後半での転職は難しい?必要なことと成功させるコツを紹介
情報 かる・ける

20代後半での転職は難しい?必要なことと成功させるコツを紹介

社会人になって数年が経った20代後半は、キャリアアップ願望やライフスタイルの変化、労働環境改善などのために転職を考える方も出てきます。
しかし、年齢が上がると転職は難しくなると聞くこともあり、果たして順調に採用をもらえるのか不安になるかもしれません。

本記事では、20代後半の転職は実際のところ難しいのか、転職を成功させるために必要なことやコツなどを解説します。
また、20代後半の転職におすすめの職種も紹介しているため、今後の働き方に悩んでいる方も参考にしてみてください。

転職は20代後半だと厳しい?

転職は20代後半だと厳しい?

20代後半での転職は十分に可能です。
ただし未経験の仕事への転職なのか、経験のある職種への転職なのかによっても、難易度は変わってくるでしょう。

20代前半であれば、スキルや知識が少なくてもポテンシャルが重視される傾向にあり、比較的転職しやすいといえます。
しかし、20代後半になるとポテンシャルだけでの転職は難しく、スキルや経験などもある程度必要です。

20代前半に比べて企業に求められるものが増える一方で、30代以降ほどの経験はまだ積めていません。
社会人経験がそれほど豊富でなくても、自分なりにアピールポイントを見つけなければならないことが、20代後半の転職の厳しさといえるでしょう。

20代後半の転職に必要なこと

新卒採用や20代前半の転職とは異なり、20代後半の転職では即戦力が求められます。
転職先で活かせる経験やスキルなどを持っていれば、評価につながるでしょう。

また、業務に活かせるリーダーシップを持っていることも大きな強みです。
リーダー経験がある場合、将来的に役職へ就くことも視野に入れて採用される可能性があります。
役職に就いたことはなくとも、プロジェクトを積極的に引っ張っていった経験などをアピールできれば十分です。

より良い人間関係を構築するためのコミュニケーション力も必要になるでしょう。
もちろん未経験の職種への挑戦だとしても、20代後半ならビジネスマナーなどは習得しているものとみなされます。

20代後半の転職を成功させるコツ

20代後半の転職を成功させるコツ

20代後半で転職を成功させるコツとして、以下の4つがあります。

  • 自己分析をする
  • 転職理由を明確化する
  • 情報収集をする
  • 退職せずに転職活動をする

それぞれのポイントを詳しく見てみましょう。

自己分析をする

20代後半の転職活動において、自己分析は大きな意味を持ちます。
自分が社会人経験で培ってきたスキルを把握すれば、面接で自分の強みを十分にアピールできるでしょう。
実績を伝える際には、具体的な結果や数字をエピソードに盛り込むとより効果的です。

また自分がなぜ転職したいのか、転職先で何を希望しているのかなど、自分の考えを分析することも大切になります。
それによりマッチ度の高い転職先を見つけられるほか、面接で志望動機や展望について深掘りされたときにも対応が可能です。

転職理由を明確化する

なぜ転職したいのかという理由を明確にして、言葉で説明できるようにしておきましょう。
転職理由は面接で聞かれる可能性があります。

転職したいと思った背景にネガティブな理由があったとしても、会社の不満などをそのまま伝えるのはおすすめできません。
ネガティブな理由も、ポジティブな言葉に変換するようにしてみてください。

また、キャリアアップが目的なのか、キャリアチェンジしたいのかなどの理由によって転職先の選び方は変わります。
「なんとなく今の仕事を辞めたいから」というあいまいな動機で行動するのではなく、転職によって実現したいものを明らかにしておきましょう。

情報収集をする

応募先を決める際には、入念に情報収集を行います。
安易に決めてしまうと、入社後のミスマッチを招きかねません。

自分が転職先に求めるものや譲れないこと、実現したい目標を明確にしたら、志望する企業がその条件とマッチしているか見極める必要があります。
そのためには、しっかりと情報収集をすることが重要です。

募集要項にある情報だけでなく、経営方針や社風、実際に働いている方の口コミなどもチェックしてみましょう。

退職せずに転職活動をする

転職活動は、退職せず働きながら同時並行で進めるのがベストです。
退職後に転職活動を始めると、収入が途絶える不安や生活資金難などから焦って妥協してしまう可能性があります。
また、なかなか転職先が決まらなかった場合、離職期間が長くなることで転職活動に不利になるかもしれません。

転職活動の進捗をふまえて、退職日は余裕を持ったスケジュールで設定しておくことをおすすめします。

働きながらの職探しはなかなかハードになるため、便利な転職サイトを活用するのも手です。

20代後半で転職しやすい職種

20代後半の転職の難易度は、職種によっても異なります。
なかでも転職しやすい職種には、以下の5つが挙げられるでしょう。

  • 営業職
  • 事務職
  • ベンチャー企業
  • IT関連
  • 介護職

それぞれどのような方に向いているのかを解説します。

営業職

営業職はスキルや経験よりもポテンシャルが重視される傾向にあり、未経験からのチャレンジが可能です。
特に、コミュニケーション力に自信のある方が活躍しやすい職種だといえるでしょう。
もちろん営業経験がある方は、ノウハウを活かして働けます。

ノルマなどのプレッシャーを感じる仕事である一方で、成果を出せば収入面で優遇される点も営業職の魅力です。
自分の力を試したい方や挑戦心、向上心がある方にも適しています。

事務職

事務職では、一般的な事務処理能力はもちろん、コミュニケーションスキルや情報収集力などさまざまな能力が求められます。
未経験可とする募集も多く、資格の有無を問わない企業も珍しくありません。
また長期的に働ける人材を求めるため、20代後半などの若手が採用されやすいのが特徴です。

転職成功のためには、パソコンスキルを高めるほか、経理や医療事務など専門知識が必要な分野であれば資格取得も視野に入れて準備を進めましょう。

ベンチャー企業

ベンチャー企業は、新しい施策を試みながら事業を拡大していくため、さまざまなスキルを持った人材を必要としています。
業界にマッチしたスキルや経験があれば、積極的にアピールしてみてください。

初めて関わる業界だとしても、学習意欲の高い方やチャレンジ精神を持っている方などは、採用されやすい傾向にあります。
働きながら自分自身を成長させたい人には、ぴったりな分野だといえるでしょう。

IT関連

IT業界は成長や変化が著しく、今後も需要が高まっていくと予想されることから、多くの人材を必要としています。
IT関連のスキルや経験がある方は、転職によって高収入を狙えるかもしれません。

IT業界は専門技術を必要とするイメージもありますが、未経験可の求人も存在します。
研修制度や教育体制をしっかりと整えた企業も多くあり、初めての方も挑戦しやすいでしょう。

スキルを身につければ、キャリアアップをして他業界で活躍することも可能です。

介護職

介護職は慢性的な人手不足が叫ばれており、20代後半も転職しやすい職種といえます。
介護職に役立つ資格は数多くあるものの、未経験・無資格からでも始められるのが魅力です。

これまで介護の仕事は「労働時間が長い」「給与水準が低い」などのイメージもありましたが、現在は改善に向けてさまざまな施策が講じられています。
資格を取得しキャリアアップしていくことで、収入アップをめざすことも可能です。

20代後半の転職で失敗するケース

20代後半の転職活動は進め方次第で成功しますが、いくつかの注意点もあります。
特に以下のようなケースでは、転職に失敗しやすくなるでしょう。

  • 責任感がない
  • 自己分析があいまい
  • 情報収集ができていない
  • 面接対策が足りない
  • 転職回数が多すぎる
  • 年収や勤務時間などの条件にこだわりすぎている
  • キャリアについてしっかり考えていない

転職において、自分の希望や目的を明確にすることはとても大切ですが、条件にこだわりすぎると転職先の選択肢が狭まってしまいます。
厳しい条件をクリアしていても、自分にとってそこが長く働ける企業とは限らないでしょう。
よりマッチ度の高い転職先と出会うには、自己分析をしっかり行うことと情報収集が欠かせません。

また、転職回数が多いと採用担当者から「すぐに辞めてしまう人材」と思われる可能性があります。
この場合、あくまでも前向きな理由での転職であったことをアピールしましょう。

しっかりと準備すれば転職活動は20代後半でも成功する

20代後半での転職は、20代前半に比べると企業に求められるものが多くなります。
しかし、自己分析と情報収集をする、転職理由を明確にするなど、きちんと準備をすれば20代後半でも転職を成功させることは可能です。

営業職や事務職、介護職など職種によっては未経験から始められる場合もあります。
これまでの仕事で身につけたスキルでキャリアアップをめざしたい方も、心機一転新しい業界へ挑戦したい方も、ポイントを押さえて計画的に転職活動を進めてみてください。

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国37,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。   https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。