総合トップ 情報かる・ける > 転職の教科書 > 転職 > ワークライフバランスが転職理由の場合どう伝える?例文も紹介
情報 かる・ける

ワークライフバランスが転職理由の場合どう伝える?例文も紹介

転職理由がワークライフバランスの場合は、伝え方に工夫が必要です。
適切な伝え方を知っておかないと、転職活動がうまくいかなくなるかもしれません。
企業の採用担当者に良い印象を与えて、転職したいのではないでしょうか。

この記事では、転職理由がワークライフバランスの場合の伝え方を紹介します。
併せて、具体的な転職理由の例文も紹介するので参考にしてみてください。

転職理由がワークライフバランスである場合の面接での伝え方

転職理由がワークライフバランスである場合の面接での伝え方

転職理由がワークライフバランスである場合は、面接でどのように伝えたら良いでしょうか。
ここでは、前向きさが伝わるワークライフバランスでの転職理由の伝え方を紹介します。

目的を伝える

転職理由がワークライフバランスの場合は、面接で目的を伝えることを意識します。
ワークライフバランスの確立そのものがゴールではなく、あくまで目的達成のための手段であると伝えることで、「楽をしたい」といった消極的な印象を拭うことができるでしょう。

仕事とプライベートのバランスを整えた先に、どうしたいかの最終的な目的があるはずです。
腰をすえて仕事をしながら、ご家族との時間も確保したいというような、前向きなゴールを伝えましょう。
目的がネガティブな内容になりそうな場合は、ポジティブな言い回しに言い換えてみてください。

表現を工夫する

表現を工夫することも、伝え方で大切なポイントの一つです。
なぜなら、表現を工夫しないと、プライベートが仕事よりも大切という印象を持たれる可能性があるからです。

例えば、資格取得を希望したが、勤務時間が不規則なため学習時間が十分に確保できなかったなどの理由であれば、ワークライフバランスの確立がプライベートの充実のみを求めるものではないことが伝わるでしょう。
他にも、残業や休日出勤を減らしたい理由として、気力と体力を十分回復して全力で勤務にあたりたいためといった表現にすると前向きさが伝わります。

本音を伝える

転職理由がワークライフバランスの場合は、応募先に本音を伝えましょう。
なぜなら、本音を伝えることで理解がある企業なのかどうかを判断できるからです。

とはいえ、本音を伝えることで、企業によっては就労意欲が乏しいと判断される場合もあります。
そのため、応募先の企業で経験をどう活かすかなど、仕事の部分にフォーカスした内容も同時に盛り込むようにしましょう。

意欲を伝える

意欲を伝えることも重要です。
なぜなら、自己啓発やスキルを伸ばしたいという意欲は、会社からすると前向きな発言ととらえられるからです。

例えば、ワークライフバランスをとって、自己啓発でスキルを伸ばすと同時に、ご家族や趣味の時間も確保したいといった内容にします。
企業の採用担当者に、前向きさや仕事への意欲、熱意を伝えられ、好印象を与えることができるでしょう。

>>転職理由の回答例文を紹介!好印象を与えるコツを解説

転職理由がワークライフバランスの場合の例文

転職理由がワークライフバランスの場合の例文

ワークライフバランスを求めるという転職理由は、具体的にどのような内容にまとめるのが良いのでしょうか。
ここでは、ワークライフバランスによる転職での転職理由の例文を紹介します。

業務時間の長さを理由にする場合

業務時間の長さを理由にする場合の例文は、以下のとおりです。

前職では、長時間労働が当たり前でした。
一時期は結果を出すためにとにかく努力しましたが、仕事と休養のバランスが崩れ、健康に支障が出ていることに気付きました。
そこで、健康と仕事の両方を大切にしながら、効率的に仕事をしたいと考えるようになったため、転職を決意しました。

業務効率化を徹底して、短時間でも成果を出すことが重要だと感じています。
業務の効率化を推進する御社で、バランスを維持しながら、高い成果を出したいと考えています。

家庭の事情を理由にする場合

家庭の事情を理由にする場合の例文は、以下となります。

前職では残業が多く、プライベートの時間が十分に取れませんでした。
子どもが産まれて、保育のための送り迎えをする必要があるのですが、なかなか叶っていない状況です。
そのため、もっとプライベートの時間を充実させたいと思い、転職を決意しました。

仕事とプライベートの時間のバランスを取ることが、長期的なキャリア形成には重要だと感じています。
したがって、フレキシブルな勤務体系がある環境で、自分のライフスタイルに合った働き方がしたいと考えています。

ワークライフバランスを理由に転職する場合は伝え方を工夫しよう

転職理由がワークライフバランスの場合は、伝え方を知っておかないと、なかなか転職先が決まらないかもしれません。
表現を工夫する方法などがあります。
また、本音や意欲がうまく伝わるようにすることもポイントです。

この記事を参考にして、伝え方を工夫してみてください。

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国54,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。