総合トップ 情報かる・ける > 転職の教科書 > 転職 > 2回目の転職は厳しい?20・30代が成功させるポイントや注意点を解説
情報 かる・ける

2回目の転職は厳しい?20・30代が成功させるポイントや注意点を解説

2回目の転職となると、「またすぐに辞めてしまうのではないか」「転職を繰り返している」などと思われることもあるでしょう。
特に、各職での在籍期間が短い場合は注意が必要です。

この記事では、選考を有利にすすめるコツやミスマッチを起こさないために意識したいことを紹介します。
2回目の転職を成功させたい方はぜひ参考にしてみてください。

2回目の転職は厳しい?

2回目の転職は厳しい?

2回目の転職では、世代によって気を付けるべき点やポイントが異なります。
20代前半の場合は短期離職をしているイメージを持たれるため、入念な対策が必要といえます。
20代後半や30代は前職での経験をアピールすることが大事です。

以下、年代別にそれぞれのポイントを詳しく紹介します。

20代前半:すぐに辞めると思われないよう対策を

前職での在籍期間が極端に短い場合、選考の際にすぐに辞めてしまう人と決めつけられたり、退職理由を深掘りされたりすることも珍しくありません。
再び離職を繰り返すと思われないように、しっかりと対策をしてから選考に臨みましょう。

選考では採用担当者が納得できるような退職理由を述べることが必須です。
今後のキャリアを明確にし、短期離職を繰り返さないという強い意思を示しましょう。

20代後半:前向きな姿勢と社会人経験をアピール

ある程度の社会経験を積んでいる20代後半は、本人のやりたいことと企業での業務内容にミスマッチがないかを重点的に見られます。
前職の経験を活かせるならばスキルをアピールし、入社後のビジョンも具体的に伝えられると転職の成功率は上がるでしょう。
転職に対し前向きな姿勢を示すことも重要です。

30代:スキルや即戦力を強みに

20代と違い30代では即戦力人材が特に求められるため、培ってきた経験やスキルを強みとして発揮できる職場への転職を考えることがおすすめです。
企業側が管理職候補の人材を募集している場合、選考で好印象を与えられるとより良いポジションで採用されることも考えられます。
今後のキャリアを見据えた中長期視点でのビジョンを盛り込みましょう。

転職2回目でも30代以降で未経験の業界・職種希望なら対策を

30代以降でも、未経験の業界や職種へ転職することは不可能ではありません。
ただし、新しく覚えることも多く企業側にとって教育の負担が大きいため、採用を見送られるケースも考えられます。

未経験の仕事を希望する場合は、「未経験者歓迎」などの文言がある求人がおすすめです。
勉強していることや保有する資格があるならば積極的にアピールしましょう。

2回目の転職で内定をもらうためには?

2回目の転職で内定をもらうためには?

転職を成功させるためには、情報収集や自己分析を行うことが鉄則です。
特に2回目以降の転職では、こうした作業が採用活動の成否を大きくわけることもあります。

選考を有利に進めるためのコツや、短期間での転職を繰り返さないためのポイントを確認しましょう。

自己分析・企業分析を入念に行う

転職活動では自己分析が重要です。
今一度、自分には何が向いていて何を苦手と感じるのか、積み重ねてきた経験などもあわせてこの機会に振り返ってみましょう。

自己分析だけでなく業界分析や企業研究も必要です。
どのような人材が求められているか、企業との価値観に相違はないかなど、仕事内容以外にも徹底的に情報収集をしましょう。

退職理由と志望動機がポイント

採用担当者が応募書類を見るときは、退職理由や志望動機だけでなく在籍期間も注視します。
会社側の都合で退職したケースではそれほど影響はありませんが、早期離職は基本的に良い印象は持たれません。
転職までに空白期間があるときも理由を問われると考えられます。

しかし、退職理由はネガティブな要素だけを伝えたり、嘘をついたりすることは控えるべきです。
ネガティブな理由で辞める場合が多いかもしれませんが、志望動機に限らず退職理由も前向きに伝わるように工夫しましょう。

面接のアピール対策を万全にする

面接では自己PRやこれまでの経歴から、自分が会社でどのように活躍できるかを話すことが重要です。
これらの内容を問う質問に答えられるよう事前にしっかりと対策をして、自身の魅力をアピールしましょう。

おすすめは退職理由と志望動機を組み合わせて話すことです。
例えば、「より多くの薬剤を扱いたいと思い、ドラッグストアから病院勤務を志望した」のように、退職と志望の理由に一貫性があると説得力が増します。

転職エージェントを利用してみる

転職に不安を感じる方や早期離職を繰り返したくない場合は、転職エージェントの利用がおすすめです。
第三者から意見をもらうことで、自分自身を客観的に見つめなおすことができます。

その他の転職エージェントを利用するメリットは以下のとおりです。

  • 非公開求人の紹介
  • 応募書類の作成・添削
  • 面接対策

手厚いサポートがあり、ほとんど無料で利用できるサービスのため、ぜひ転職エージェントの利用も検討してみましょう。

2回目の転職を成功させよう

1回目の転職と比較すると、2回目の転職では内定がもらえるまでのハードルが高いかもしれません。
しかし、自己分析や企業研究をしっかり行うと、希望する企業から採用の案内をもらえる可能性も上がるでしょう。

選考に進む前に、前職での経験や身につけたスキルを洗い出して対策を練るほか、新たな企業とのミスマッチを防ぐために、退職理由を振り返ることも大事です。
短期での離職を繰り返さないように、本記事を参考にして2回目の転職を成功させましょう。

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国37,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。   https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。