総合トップ 情報かる・ける > 転職の教科書 > 転職 > 同業他社への転職理由はどうする?適切な理由や伝えるポイントを紹介
情報 かる・ける

同業他社への転職理由はどうする?適切な理由や伝えるポイントを紹介

同業他社へ転職する際、適切なポイントをおさえて転職理由を伝える必要があります。
同業他社への転職理由として適切な内容や、伝えるポイントを知っておかないと、転職がなかなか成功しないかもしれません。

この記事では、同業他社への転職理由はどういった内容が良いのかを紹介します。
あわせて、同業他社に転職理由を伝える際のポイントも解説しています。

同業他社への転職理由はどのような内容が良い?

同業他社への転職理由はどのような内容が良い?

同業他社への転職理由は、どのような内容が良いのでしょうか。
ここでは、同業他社への転職理由としておすすめの内容を紹介します。

仕事の幅を広げたいから

同業他社への転職理由として、仕事の幅を広げたいからといった内容は適切です。
前職で手がけられる業務の幅が限られていたため、さらに幅広い業務に挑戦したいという意欲を伝えられます。

前職ではできないことに挑戦したいといった理由であれば、ポジティブな印象を与えて受け入れられやすくなります。
前職ではできなかった規模の仕事をしたい、もっと顧客と関わる仕事がしたいなど、志望先ならではの理由を盛り込みましょう。

企業理念に共感したから

企業理念に共感したという理由も、同業他社への転職理由として適しています。
応募先の企業理念をもとにした転職理由であれば、前職と差別化する要素がみつけやすいからです。

例えば、企業の理念に共感したことを伝え、これまでの業務経験から自分が大切にしていることなどにつなげます。
企業理念は、ホームページの会社概要などに記載されているため、確認しましょう。

経営基盤が安定しているから

経営基盤が安定していることも、同業他社への転職理由としておすすめです。
経営基盤が安定している環境で、キャリアを見据えて、長期的に会社に貢献できることをアピールできるでしょう。

前職では将来的に不安だからという理由に限らず、将来どうなりたいか、なぜ前職ではなく志望先を選んだのかを盛り込むのがおすすめです。
ライバル目線から見た同業他社の良さをアピールしてみましょう。

新しいチャレンジがしたいから

同業他社への転職理由として、新しいチャレンジがしたいといった内容も良いでしょう。
前職よりも大きな規模でチャレンジしたいなど、志望先ならではの志向をアピールできるからです。

前職での経験を踏まえて、転職先の企業だからできる挑戦への意欲を伝えます。
新しい分野や規模にチャレンジする、前向きな姿勢がわかるように書きましょう。

家庭の事情があるから

やむを得ない家庭の事情があることも、同業他社への転職理由として適切です。
転勤を避けたいからと地域に密着している企業を志望するといったケースでは、今後転職されにくいと判断されることもあるでしょう。

親の介護や結婚など、ライフスタイルの変化による転職は、同業他社への転職でも企業から受け入れられやすい転職理由となります。
したがって、転職への前向きな理由を添えて、家庭の事情がある場合は素直に伝えましょう。

>>転職理由の回答例文を紹介!好印象を与えるコツを解説

同業他社へ転職する際のポイント

同業他社へ転職する際のポイント

転職理由を伝える際は、どういったポイントがあるでしょうか。
ここでは、同業他社に転職理由を伝える際のポイントを紹介します。

転職の目的を明らかにする

同業他社に転職理由を伝える際のポイントは、転職の目的を明らかにすることです。
転職の目的は面接でよく聞かれる内容です。
聞かれたときに明確に回答できないと、印象が悪くなってしまう可能性があります。

前職では自分のキャリア目標が達成できなかったことや、その理由として考えられる要素などを伝えましょう。
あえて同業他社に転職する理由を、具体的に説明できるようにしておくことが重要です。

前職の企業へ配慮する

前職の企業へ配慮することも、同業他社に転職理由を伝える際のポイントです。
前職の企業への配慮をしておかないと、最悪の場合、裁判を起こされる可能性もあります。

退職時に誓約書などへ署名を求められたら、競業避止義務に関する規定があるか確認しましょう。
誓約書の署名を拒否することもできますが、円満に退社するには、規定の範囲を検討してもらうことも一つの方法です。

柔軟性をアピールする

同業他社に転職理由を伝える際は、柔軟性をアピールするのもポイントです。
業務経験が長いと、新しい組織に馴染めるか懸念される可能性もあります。
そのため、新しい価値観や社風を受け入れる柔軟性があることを、意識してアピールしましょう。
前職ではこうだったという固定観念にこだわらず、郷に入っては郷に従う気持ちで、新しい職場のやり方に早期に適応しようとする姿勢が大切です。

同業他社への転職を成功させるための転職理由を準備しておこう

同業他社へ転職する際、適切な転職理由や伝えるポイントがあります。
適切な転職理由や、伝える際のポイントを知っておかないと、転職がうまくいかなくなるかもしれません。

転職理由は、「仕事の幅を広げたいから」や「企業理念に共感したから」といった内容にしましょう。
同業他社に転職理由を伝える際は、転職の目的を明らかにすること、前職の企業へ配慮することなどがポイントです。
この記事を参考にして、同業他社への転職を成功させるための転職理由の準備に活かしてください。

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国54,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。