総合トップ 情報かる・ける > 転職の教科書 > 志望動機 > 志望動機を800字で書くポイントは?ケース別書き方も解説
情報 かる・ける

志望動機を800字で書くポイントは?ケース別書き方も解説

通常の志望動機は400文字程度ですが、企業によっては800字程度の志望動機を求める場合があります。
企業側の狙いは、入社意欲や企業の理解度を確かめることです。

今回の記事では、志望動機を800字で書くための構成要素やポイント、ケース別の書き方などを解説しています。
800字の志望動機の書き方がわからない方は、参考にしてみてください。

800字の志望動機を求める企業のねらい

800字の志望動機を求める企業のねらい

企業は採用活動を通して、入社意欲が高く、入社後の活躍が期待できる人材に内定を出したいと考えています。

入社意欲の高さを求めるのは、内定辞退の確率が低く、入社後も意欲的に働いてくれる傾向にあるためです。
800字の志望動機では、「この会社に応募するために、それだけの時間と手間をかけても良い」と思っている、意欲の高い人だけに限って選考することができます。

入社後に活躍できる人材かどうかは、自身の強みと、企業が求める人材像を理解したうえで、入社後の貢献がイメージできているかどうかが選考基準です。
800文字の志望動機では、400文字の志望動機よりも、自身の強みや企業に対する認識を詳細に書かなければ、指定された文字数を埋めることができないでしょう。

よって企業は800字の志望動機を求めることで、より入社意欲が高く、入社後の活躍が期待できる人材に内定を出しやすくなるのです。

800字の志望動機で差別化できる構成要素

800字の志望動機は400字の志望動機よりも、文字数が多いぶん他の候補者と多くの面で差別化する必要があります。
800字の志望動機で差別化する構成は、以下のとおりです。

  • 最初に結論を述べる
  • 企業を志望する具体的なエピソードを述べる
  • 自身が大事にしている方針
  • 入社後のビジョンや貢献できることを述べる

最初に結論を述べる

志望動機では、最初に結論を述べましょう。
採用担当者は限られた時間で多くの応募者の志望動機を読むため、最初の段階で結論が述べられていないと、何を伝えたい文章なのか伝わらないまま、流し読みされてしまうおそれがあります。

【例文】

私は「チャレンジ精神」と「協調性」を大事にしており、貴社の組織風土とマッチしているため貢献できると考えています。

企業を志望する具体的なエピソードを述べる

企業を志望する根拠となる、具体的なエピソードを述べましょう。
自分の経験に基づくエピソードは他の応募者と被ることがないため、重要な差別化ポイントです。

【例文(製薬会社や調剤薬局を志望するケース)】

入院して命を危ぶまれた母親を助けてくれたのは薬であり、自分も薬を通じて患者さんを救いたいと思いました。

自身が大事にしている方針

仕事をしていくうえで、自身が大事にしていることや方針を言語化します。
このとき、企業の理念や、求める人材像などに沿って述べることがポイントです。

【例文】

私はチャレンジ精神を大切にしています。新しいことに挑戦することで成長できると考えているためです。
貴社は新しいことへのチャレンジを推奨する組織風土であると、企業訪問の際にお聞きいたしました。

入社後のビジョンや貢献できることを述べる

志望動機の最後に、入社後のビジョンや貢献できることを記載します。
採用担当者は、「会社にどのような貢献をしてくれるのか?」という視点で、受験者を観察しているためです。
志望動機を踏まえて、「入社後に何を実現したいのか」「どのように企業に貢献できるのか」を具体的に示します。

【例文(営業職を志望するケース)】

学生時代の接客アルバイトで多くのお客様に商品を紹介し、ご購入いただいた経験を活かし、入社後は自社サービスをおすすめする営業職として、一日でも早く戦力になれるよう努めてまいります。

志望動機を800字で書くためのポイント

志望動機を800字で書くためのポイントは、以下のとおりです。

  1. 記入前に企業の情報を整理する
  2. 思いつくだけ志望動機を書き出す
  3. 文字数を意識せずに書く

1.記入前に企業の情報を整理する

いきなり志望動機を書き始めるのではなく、まずは企業の情報を整理します。
企業のホームページなどを参考に、企業理念やビジョン、経営計画、事業形態、決算報告、組織体制などを調べて書き出してみましょう。

共感するポイントと質問項目に分けて整理しておくと、書類選考だけでなく面接時にも役立ちます。

2.思いつくだけ志望動機を書き出す

企業情報を整理したら、志望動機を思いつくだけ書き出します。
志望する企業にマッチするかはあと回しにして、可能な限り多く書き出すことがポイントです。

志望動機を書き出すことで、あらためて自分の志望動機や志望度合いを客観的に確かめることができます。
整理する過程で、入社後の活躍イメージについても膨らませてみましょう。

3.文字数を意識せずに書く

最初は、800字という文字数を意識せずに書き始めます。
文字数が少なくても多くても、とにかく書くことが大切です。

書いた志望動機を前述の構成要素に照らし合わせて、足りない部分を補ったり、不要な部分を削ったりしながら、形を整えます。

ある程度完成したら音読をしてみましょう。
音読をすると読みにくい部分や理解しにくい部分、論理が飛躍している部分に気付くことができます。

800字の志望動機は、文字数を意識せずに書き出して、修正を繰り返して完成させることがポイントです。

【例文あり】800文字の志望動機の書き方

800字の志望動機の例文として、以下の文章を紹介します。

【例文】

私は、常にお客様の悩みに寄り添い、ニーズを把握したうえで最適なご提案ができる環境で働きたいと考えているため、貴社を志望いたします。

高校の頃、授業で広告の制作をした経験から、私は広告の力に魅了されました。
その後、大学で広告を学び、広告制作の現場に携わりたいと考えるようになりました。
クリエイティブ制作にも興味がありますが、お客様とコミュニケーションを取って最適な提案をしていく仕事にあこがれているため、広告代理店の営業職に就きたいと考えています。

自分が仕事をするにあたって特に大事にしたいと思っている方針は、「クライアントのニーズを理解し、最適な提案を行うこと」と「チームワークを大切にし、互いに助け合うこと」の2点です。
広告制作において、クライアントが抱える課題や目的を深く理解し、それに適した提案を行うことが重要だと考えています。
また、多様な分野の専門家が集まって業務を行うため、チームワークが大切であると認識しています。

このような背景から、貴社の「ともに成長するチームで、クライアントに最適な提案を」という企業理念に共感を覚え、志望するに至りました。
貴社は顧客中心のサービスを提供することを大切にし、クライアントとともに課題解決に向けた取り組みを行っている点が非常に魅力的だと感じています。
また、社員の成長をサポートするための研修や、チームワークを促すイベントなど、社員を大切にする制度や風土も素晴らしいと感じました。

入社後のビジョンは、クライアントの課題解決に貢献することです。
クライアントが抱える問題を深く理解して最適な広告プランを提案し、そのプランを実現するためのプロジェクトを進めていきます。
また、広告制作に携わるスタッフの力を最大限に引き出すことで、クオリティの高い広告制作に貢献したいです。
私自身も、学生時代に学んだクリエイティブの知識を活かしつつ、広告制作やマーケティング活動において必要なスキルを習得し、貴社やクライアントに貢献できるよう努力してまいります。

上記の例では、まず冒頭で志望理由を簡潔に述べたあと、それを裏付けるエピソードとして、高校から大学時代にかけて広告について勉強した経験から、広告代理店の営業職にあこがれるようになったことを書いています。

さらに、自分が仕事にあたって大事にしたい方針と、応募企業の魅力に感じた点をそれぞれ挙げ、両者のマッチする点を強調しながら、入社後どのように成長し、活躍していくのかを語り、締めるという構成です。

志望動機を800字書けない場合の対処法

志望動機を800字書けない場合の対処法

志望動機を800字書けない場合の対処法を2つ紹介します。

  • 企業の具体的な事業内容を書く
  • 自身の価値観をより詳しく伝える

企業の具体的な事業内容を書く

800字の志望動機が書けない場合には、企業の具体的な事業内容を書きます。
文字数が増えるだけでなく、企業に興味があり情報収集を行っていることを採用担当者にアピールできるからです。

また、志望動機は入社する目的を言語化することであり、企業の事業内容を知らなければ、「なぜ入社したいのか」「入社して何をしたいのか」を伝えることはできません。
企業の具体的な事業内容を書き出し、入社したい理由を明確にしましょう。

自身の価値観をより詳しく伝える

自身の価値観をより詳しく伝えることも、800字の志望動機を書けない場合の対処法です。
採用担当者は、企業で大切にしている価値観と志望者の価値観がどれほどマッチするかを採用可否の判断材料にしています。

志望者の大切にしている価値観が伝わらないと、採用や次の選考に進むのは難しくなるため、価値観を詳しく伝えることは大切なポイントです。
800字の志望動機が書けない場合には、自己分析をあらためて行い、価値観を伝えられるよう整理します。

800字の志望動機はポイントを押さえて企業へ効果的なアピールをしよう

800字の志望動機を求める企業の狙いは、入社意欲や企業の理解度を確かめることです。
構成要素は一般的な型で、結論を先に述べたり、志望動機となる具体的エピソードを加えたりします。

また、書くためのポイントは、企業情報の整理や文字数を気にせず書き出したあとに修正を加えることです。
800字の志望動機は、ポイントを押さえて企業へ効果的なアピールをしましょう。

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国54,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。