総合トップ 情報かる・ける > 転職の教科書 > やりがい > 事務の仕事にやりがいはある?仕事内容と3つのやりがいを紹介
情報 かる・ける

事務の仕事にやりがいはある?仕事内容と3つのやりがいを紹介

事務の仕事を始めたい方は、仕事のやりがいや事務職の魅力について知っておきましょう。
人との関わりや自己スキルが重要になってくる事務職は、土日休み、定時退社の職場が多いことから人気を集めています。

仕事のやりがいや魅力を知っておくことで、実際に事務職として働いている自分がイメージしやすいでしょう。
興味がある方や事務職をめざしている方はぜひチェックしてください。

一般事務や営業事務の仕事のやりがいとは?

一般事務や営業事務の仕事のやりがいとは?

事務職は一般事務と営業事務に分かれますが、仕事内容としてはほとんど同じです。
他の社員の仕事をサポートしたり会社の顔として対応するので、自分のスキルアップや人との関わりが重要になります。
また多くの人と関わる機会が多いからこそ、さまざまなやりがいがあります。

社員から頼りにされることが多い

事務職は他の社員をサポートすることが仕事なので、多くの人から頼りにされるでしょう。
業務内容は多岐にわたり、会社や業種によって異なります。
面倒な作業や細かい作業、大量の入力作業がある場合もあります。

事務職と聞くと、誰でもできそうとイメージする方もいるかもしれません。
しかし、予定していた業務だけでなく突発的な業務にも素早く対応しなければならなかったり、複数の仕事を同時にこなしたりするため、誰でもできる簡単な仕事ではありません。
多くの仕事や作業をこなしている事務職だからこそ、一緒に働く社員や関連会社の担当者などから頼りにされたり、感謝される機会も多くなります

事務職のスキルを積んでいける

事務職は、自分の持っているスキルによって仕事のスピードや作業の効率などが大きく変わってくる職業です。
多くの場合はパソコンを使った仕事内容になることもあり、パソコン関連のスキルはかなり重要です。
仕事をしていくなかでさらに事務職のスキルを磨いていけるため、これから先長く務めるにしても転職するにしても、どちらでも役立ちます。

事務職では自分のスキルが会社の業績や売り上げなどに直結しません。
しかし、作業の効率化やより早くより丁寧な仕事ができるようになることで、他の社員の仕事に貢献でき、なくてはならない存在になれます。

また、効率化をはかることで時間に余裕を持って仕事を進められるようになり、より多くの業務を引き受けることができるため、新しい業務にチャレンジできるかもしれません。

社内外の人と連携しながら仕事を進めていく

事務職は、社内の人だけでなく社外の人と関わる機会も多くあります。
社内外の人と連携しながら仕事を進めなければならない場面では、コミュニケーション能力が求められます。

関わる人が多くなると責任が増えたり、面倒な作業が増えたりとマイナスにとらえる方もいるかもしれません。
しかし、連携がスムーズにとれて仕事がうまくいくと、関わる人が多い分、たくさんの感謝の言葉をもらったり高く評価されることもあります。

事務の仕事が売上や業績に直結しなくても、チームの一員、会社の一員としてさまざまな人と連携することで、仕事のやりがいにつながります。
コミュニケーション能力に自信がある人にぴったりの職種です。

工夫次第で業務効率化ができる

事務職は自分のスキル次第で業務の効率化が図れます。
事務職でポイントとなるスキルは、エクセルの関数ショートカットキーなどでしょう。
業務時間を考えると数秒の短縮でも、大量のデータを入力したり作成したりする場面では大きな差となります。

作業の効率化は目に見えにくいというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、実際は作業時間の短縮や他の業務をサポートできる余裕につながるため、効率化できる人材の有能さははっきりとわかるでしょう。

自分のスキルや工夫によって業務の効率化を図れることは、周囲からの評価だけでなく、難問をクリアするような達成感とやりがいになります。
地味な仕事に思われがちな事務職ですが、自分次第でさまざまな改善ができる点は、仕事のおもしろさやモチベーションにもつながるでしょう。

事務職の魅力

事務職の魅力

事務職として働くことにはさまざまな魅力があります。
人との関わりや業務のなかでコミュニケーション能力やパソコンスキルを高められるため、転職したいときに役立ちます。
また残業が少なく仕事とプライベートのメリハリもつくため、ワークライフバランスを重視したい方におすすめです。

たくさんの人と関わることができる

事務職は社内の人はもちろん、社外の人と関わる機会も多くあります。
多くの人と関わることでさまざまな意見や考えを聞く機会ができるため、人と関わることが好きな方やコミュニケーション能力に自信がある方にとっては魅力的な職業でしょう。

人との関わりはどの業種であっても仕事をするうえで必須ですが、事務職が関わる人の数はかなり多い場合もあります。
そのため、社内外の関わりがある人の名前をしっかり覚えることや、スムーズに業務が進むよう円滑なコミュニケーションをとることが重要です。

人と関わることや喋ることが好きな方、顔と名前を覚えることが得意な方には、事務職はおすすめです。
また、実際に業務をこなしながらコミュニケーション能力や、電話対応スキルを磨きたい向上心がある方にも向いている職種といえるでしょう。

残業がほとんどない

事務職は土日や祝日が休みの場合が多く、残業も少ない傾向にあります。
そのため、仕事とプライベートの時間をしっかり分けて楽しみたい、ワークライフバランスを重視する方におすすめです。

土日祝休みや残業なしの勤務が好まれる理由は、事前にプライベートのスケジュールを立てやすく、そのスケジュールが仕事によって崩れる可能性が低いからです。
急な残業によって仕事終わりに入れていた予定をキャンセルせざるをえなくなったり、シフト制でなかなかスケジュールがわからないといったことがなく、プライベートの時間を大切にできます。

また、シフト制の仕事の場合は休みの希望を提出し、実際に休みが確定してから予定を立てることも多いですが、土日祝休みと決まっていればかなり早い段階からスケジュールを考えることができます。

パソコンスキルを高められる

事務職はパソコンの仕事が多いため、スキルアップをしたり知識を深めたりする機会も多くあることが魅力です。
関数を覚えたりショートカットキーを使いこなしたりすると、業務の効率化につながることはもちろん、転職時に自分のスキルとしても役立ちます。

仕事内容によっては専門知識を学ぶこともできるため、スキルアップやキャリアアップを考えている方におすすめです。
人と関わる機会が多いことから、パソコンスキルだけでなくコミュニケーション能力や電話対応スキルの向上など、仕事の基本的能力のスキルアップを図れます。

スキルを高めることや業務の効率化を図ることが好きな方、実際の業務のなかで生きた知識を得られることをメリットと感じる方に向いている職種です。

やりがいのある事務仕事でキャリアアップを目指そう

多くの人と関わる機会が多く、パソコンのスキルを磨ける事務職は、人気を集めている職種です。
サポート業務として業務内容が多岐にわたることから、個人のスキルが重要になります。
また、会社やチームの一員となり周囲と連携して業務を進めていくため、達成感ややりがいがあります。

土日祝休みや残業なしの職場が多いことから、仕事とプライベートのメリハリをつけやすいことも人気の理由です。
気になる方はぜひ事務職をめざしてみましょう。

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国54,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。