総合トップ 情報かる・ける > 転職の教科書 > 自己PR > 自己PRのエピソードがない人向け|探し方と例文を紹介
情報 かる・ける

自己PRのエピソードがない人向け|探し方と例文を紹介

自己PRは、企業の履歴書や面接など、就職活動の多くの場面で求められる必須事項です。
しかし、特別な活動などをしてきていないために、何を書いたら良いかわからないという人も多いでしょう。

そこで今回は、自己PRのエピソードがないという人に向けて、エピソードの探し方と伝え方を解説します。
例文もあわせて紹介するので、自己PRのエピソードで困っている人はぜひ最後までお読みください。

自己PRのエピソードが見つからない原因

自己PRのエピソードが見つからない原因

自己PRのエピソードが見つからない原因として多いのは、次のとおりです。

  • 大きな実績・成果がない
  • ガクチカの内容と重複してしまう
  • 自分には長所がないと思っている
  • 企業が知りたいことを理解していない

以下で詳しく解説するので、確認してみましょう。

大きな実績・成果がない

自己PRには、なるべく優れた実績や成果が必要だと考える人は多いです。
しかし、採用者は自己PRで自社に必要な人材かどうかを見ているため、実績や成果の大きさは関係ありません。

人を雇うには膨大なコストがかかり、企業は自社とマッチしていて雇うメリットが多い人を採用したいと考えています。
自己PRを書くときは成果の大小にこだわらず、企業に必要な人材だと判断してもらえるようなエピソードを見つけましょう。

ガクチカの内容と重複してしまう

ガクチカ(学生時代に力を入れたこと)と自己PRの話の内容が重複してしまうことは、問題ありません。

自己PRもガクチカと同じ人物についての内容となるため、被ってしまうことは当然ありえます。
両者の内容が被ってしまう場合は、伝えるポイントを変えるのがおすすめです。

例えば「アルバイト経験」について話す場合、ガクチカでは「協調性」が身についたこと、自己PRでは「統率力」が発揮できたことをアピールするなど、部分的に変えると良いでしょう。

自分には長所がないと思っている

自分には長所がないと思っていると、自己PRのエピソードは見つかりづらいでしょう。
長所となると「他の人よりも優れた部分」と考える人が多いため、自分に自信がないと見つからないことが多いです。

しかし、誰にでも長所や短所はあるため、さまざまな視点から考えて導き出す必要があります。
力を入れている趣味や長く続けたことなど、自分なりに頑張ったことを思い出して、アピールしてみましょう。

企業が知りたいことを理解していない

自己PRのエピソードを見つけるには、企業が知りたいことを理解しておくことが大切です。
企業から評価されるポイントを理解すれば、求められていることから話すべき内容が見えてくることもあります。

企業は自己PRで「企業に貢献してくれる人材か」や「自分をしっかりと理解しているか」などを確認しているため、志望する企業が知りたいことを理解して、適切なエピソードを伝えましょう。

自己PRがない場合のエピソードの探し方

自己PRがない場合のエピソードの探し方は、次のとおりです。

  • 自己分析を入念にする
  • ネガティブな内容もアピールにつなげる
  • 周りの人に他己分析をしてもらう
  • 今からでも何かに取り組む

以下で詳しく解説するので、参考にしてください。

自己分析を入念にする

自己PRのエピソードを探す際は、入念に自己分析を行うことが大切です。
入念に自己分析をすると、より具体的で論理的な表現が可能となり、信憑性が高く説得力のあるエピソードを見つけることができます。

まず、学生時代はもちろん幼少期に遡っても構わないので、過去に取り組んだことや経験をすべて洗い出してください。
入念な自己分析で自分の強みを見つけて、自己PRのエピソードにしてみましょう。

ネガティブな内容もアピールにつなげる

ネガティブな内容のエピソードも、自己PRにつなげてみましょう。
成功体験から自己PRを書くのももちろん間違いではありませんが、失敗した経験も伝え方を工夫することで自分自身の良さとして自己PRに盛り込めます。

問題解決力や失敗経験に対する対応力などは、企業が知りたいことでもあるため、短所や失敗した経験も伝え方を工夫してアピールにつなげましょう。

周りの人に他己分析をしてもらう

自己PRのエピソードが見つからないときは、周りの人に他己分析をしてもらうのもおすすめです。
他己分析をすることで自分では気付けなかったことがわかったり、意見をもらって背中を押してもらうことで自信につながることもあります。

他己分析をお願いする場合は、自分に対して率直に意見を述べてくれるご友人やご家族などにお願いすると良いでしょう。
他己分析を通して、客観的に見た自分のPRポイントを考えてみてください。

今からでも何かに取り組む

過去に取り組んだことや経験がまったくない場合は、今からでも行動に移して何かに取り組んでみましょう。
これまで何もしてこなかったからと後悔しても過去は変えられないため、何もしてこなかった自分を認めて、すぐにでも行動に移すことが大切です。

企業によって評価するポイントは異なり、場合によっては今からでも何かに取り組んで自分を変える努力をしているところが評価につながる可能性もあります。
何もしてこなかったと後悔して終わらせずに、行動により自分を変える努力を始めましょう。

経験や実績がない場合のエピソードの書き方・例文

経験や実績がない場合は、趣味から得たことや自分の長所などをアピールするのもおすすめです。

<向上心をアピールする例文>
私の長所は、目標に対して向上心をもって取り組むところです。

高校ではハンドボール部に所属し、レギュラーメンバーとして活躍することを目標にしていました。
入部当初はレギュラーメンバーになれず悔しい思いをしたため、レギュラーメンバーになることを目標に粘り強く練習を続け、レギュラーの座を勝ち取りました。

入社後もこうした向上心を活かして、目標をもって仕事に取り組み、貴社の発展に貢献したいと考えています。

自己PRは「結論→根拠→入社後の抱負」の構成でまとめましょう。
自己PRの書き方については以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひお読みください。

自己PRのエピソードがない人は探し方と伝え方を工夫しよう

自己PRのエピソードがない場合に多い原因は次のとおりです。

  • 大きな実績や成果がない
  • ガクチカの内容と重複する
  • 自分には長所がないと思っている
  • 企業が知りたいことを理解していない

エピソードが見つからない場合は、以下の方法で探してみましょう。

  • 自己分析を入念にする
  • ネガティブな内容もアピールにつなげる
  • 他己分析をしてもらう
  • 今からでも何かに取り組む

自己PRのエピソードがない人は、探し方と伝え方を工夫して、魅力的な自己PRを作成しましょう。

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国61,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。