総合トップ 情報かる・ける > 転職の教科書 > 自己PR > 自己PRでリーダーシップをアピールするポイントは?例文も紹介
情報 かる・ける

自己PRでリーダーシップをアピールするポイントは?例文も紹介

優れたリーダーシップを持つ人材は、企業からの需要が高く、就活においても内定を得やすい傾向にあります。
ですがその分、面接の自己PRでリーダーシップをアピールする候補者の数も多くいるでしょう。
よって、自己PRでリーダーシップをアピールするのであれば、他の候補者との差別化を図りながら、効果的な伝え方をする必要があります。

本記事では、自己PRでリーダーシップをアピールするときのポイントや、例文を紹介します。

自己PRでリーダーシップが評価される理由は?

自己PRでリーダーシップが評価される理由は?

自己PRでリーダーシップをアピールするにあたり、まずは、なぜリーダーシップのある人材が面接で評価されやすいのかを見ていきましょう。

チームをまとめる能力があるから

リーダーシップとは、チームを一つにまとめる能力です。
多くの企業では、入社後、個人ではなくチームで仕事を進めていくことになるため、リーダーシップのある人材を必要としています。

チームがまとまらず、メンバー同士で意見が対立したり、うまく連携が取れていなかったりすると、仕事はなかなか円滑に進みません。

リーダーシップのある人材が入ることで、異なる意見をまとめてより良いものにできたり、チーム全体がそれぞれの強みを発揮したりできるようになります。

自分で判断できる能力があるから

リーダーシップのある人材は、チーム全体を見渡す広い視野を持ち、どのメンバーが何をすれば目標を達成できるのかを判断できます。
これらの能力を持つ人は、たとえリーダーの立場ではなくても、自分がチームのために何をするべきなのかを適切に見極め、実行できるでしょう。

問題解決能力があるから

問題解決能力の高さも、リーダーシップのある人材が重宝される理由の一つです。
過去にリーダーシップを発揮し、チームを目標達成に導いたことのある人材であれば、チームが抱えている課題を理解し、その解決のために必要な行動を導き出せる能力を持っているでしょう。

自己PRで部活動の経験をアピールする際は、以下の記事を参考にしてください。

自己PRでリーダーシップをアピールするときのポイント

リーダーシップは企業からの需要が高い強みですが、アピールする候補者も多いため、他の候補者と被らないように工夫しながら効果的に伝える必要があります。
ここでは、自己PRでリーダーシップをアピールするときのポイントを紹介します。

「リーダーシップ」をわかりやすく言い換える

「リーダーシップ」という言葉を別の言葉に言い換えたり、キャッチフレーズを加えたりすることで、採用担当者に良い印象を与えやすくなります。

リーダーには、先頭に立って行動する人や、メンバーの意見をていねいに取りまとめる人など、さまざまなタイプがいます。
そのため「リーダーシップがあります」とだけ聞かされても、採用担当者は、活躍する姿をイメージし難いでしょう。

リーダーシップをアピールするときは、「自分が先頭になってチームを引っ張っていく」「みんなの意見をまとめて行動に促す」など、具体的な活躍をイメージしやすいような表現を用いましょう。

リーダーシップを発揮した具体的な場面を伝える

リーダーシップを自己PRする際は、具体的なエピソードも準備しておきましょう。
「まずは自分が一番高い売上を出し、そのやり方をチーム全体で共有しました」などの内容を伝えることができれば、アピール内容の裏付けにもなりますし、他の候補者と被らないため差別化も図れます。

リーダーシップを発揮して得られた成果を伝える

自身がリーダーシップを発揮したことで、どのような成果につながったのかも伝えましょう。
「売上が◯◯%上がった」「大会で優勝した」などの定量的な結果はもちろん、「チームの雰囲気が良くなった」「お客様からお褒めの言葉をいただいた」といった内容を盛り込んでも効果的です。

自己PRでリーダーシップを伝える際の注意点

自己PRは企業からの需要が高い能力ですが、伝え方を誤ると逆効果になってしまう可能性もあります。
ここでは、自己PRでリーダーシップをアピールするときの注意点を紹介します。

肩書きや役職を伝えるだけで終わらない

自己PRでリーダーシップをアピールするときは、肩書きや役職のみを伝えるだけで終わらないようにしましょう。

「生徒会役員をしていた」「バイトリーダーをしていた」といった内容だけでは、実際にどういった活躍をしていたのかが判断できません。

どのような行動をして、どのような成果につながったかを、具体的なエピソードを交えながら伝えましょう。

身勝手に行動しているだけと思われないようにする

リーダーシップをアピールする際には、身勝手な印象を与えないように注意しましょう。
例えば「自分が先頭となり、みんなについてきてもらった」とだけアピールした場合、「実際には、自分勝手に行動し、メンバーがそのカバーをしていただけなのではないか」と思われてしまうかもしれません。
身勝手な行動をしていると勘違いされないためにも、具体的な状況の説明も準備しておくのがポイントです。

リーダーシップを伝える自己PR例文

ここでは、リーダーシップをアピールする自己PRの例文を2件紹介します。

【例文】アルバイトの経験

アルバイト経験をもとにした、自己PRの例文です。

【例文】

私の強みは、チームの悩みを聞き、問題を解決できることです。
これは、学生時代にしていた飲食店アルバイトで身につけました。

私が働いていた店舗は、メンバー同士での会話が少なく、当初は雰囲気が良くない状況でした。
メンバーそれぞれの意見を聞いたところ、決してやる気がないわけではありません。
ただ、他のメンバーが何を考えているのかわからないために雰囲気が悪くなっているのだということがわかりました。
そこで、私が定期的にミーティングを開催し、メンバー全員が意見を共有できる場を設けたところ、雰囲気の良い職場に変えられました。

この経験を活かして、チームのメンバーの悩みやお客様の悩みを一緒に解決して、より良い企業を作れるように、貴社に貢献したいと考えております。

【例文】サークルの経験

下記は、サークルの経験を活かした自己PRの例文です。
自分がしていたサークルに当てはめてみましょう。

【例文】

私の強みは、目標に向けてチームを引っ張っていけることです。
これは、学生時代にしていた、サッカーのサークル活動で身につけました。

私が所属しているチームは雰囲気は良いものの、試合に勝つことができずに悔しい思いをしていました。
みんなが試合に勝つことを諦めかけていたとき、私はチームが勝てない原因はなんなのか探していました。
そして個々の能力が低いと判断したため、効果的な練習メニューを提案して、自分がコーチとなって活動しました。
その結果はじめて試合に勝つことができ、みんなが喜んでくれた経験があります。

この経験を活かし、貴社に入社した際も、目標を立ててチームを引っ張って成果につなげたいと考えております。

自己PRでリーダーシップをアピールして就活を有利に進めよう

リーダーシップは、企業からの需要が高い能力ですが、自己PRでアピールする際には具体的なエピソードを結果を交えながら、効果的に伝えていく必要があります。
エピソードや結果を用いることで、入社後の活躍をイメージしやすくなり、内定を得られる可能性が高まるでしょう。

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国54,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。