総合トップ 情報かる・ける > 転職の教科書 > 退職
情報 かる・ける

「退職」の記事一覧

  • 退職相談はメールでも可能?注意点や例文を紹介

    退職相談はメールでも問題ないのでしょうか。 上司に退職の相談をしたいものの、体調不良などの理由から直接会うことが難しく、メールで相談したいと考える人もいるでしょう。 本記事では、メールで退職相談をする際の注意点と例文を紹介しています。 退職の意志をある程度固めており、これから上司へ相談しよ

  • 【例文付き】パートを退職する際のあいさつは?方法やタイミングを解説

    パートを退職する際には、職場のお世話になった人に対し、どのようにあいさつをすれば良いのでしょうか。 本記事では、あいさつの方法やタイミング、ポイントなどを解説したうえで、シチュエーションごとの例文も紹介しています。 パートを退職する際のあいさつを考えている方は、参考にしてみてください。 か

  • 退職しても傷病手当金を受給できる|申請方法や失業手当との関係も解説

    傷病手当金は、退職後も受給できます。 退職を検討している方や、傷病手当金の有無で退職の判断を迷われている方、また、傷病手当金を受給中で退職後の将来について悩む方、さらには傷病手当金を受けている方のご家族に向けて、本記事では傷病手当金の退職後の申請方法や受給条件について詳しく解説します。

  • 退職を後悔しないために|経験者のケースや事前にできることを解説

    転職したあとで、前の会社を退職したことを後悔する人は少なくありません。 退職を後悔しないためには、自分の強みや将来像を、充分に考えてから転職活動を始めることが重要です。 今回の記事では、退職を後悔した人に共通する理由や、退職を後悔しないための対策を紹介しています。 転職を検討している方は参

  • 退職証明書はどこで手に入る?いつ必要なのかや内容についても紹介

    「退職証明書ってなに?」 「退職証明書はどこで手に入るのか知りたい」 退職証明書について、上記のような疑問を抱いたことのある人もいるでしょう。 退職証明書は退職した会社が発行する書類で、転職活動のなかで提出を求められることがあります。 この記事では、退職証明書の概要や必要なタイミング

  • 退職によるボーナスの減額はどのくらい?減額されたときの対処法も紹介

    退職の時期を検討するにあたって、ボーナスを満額受給したあとに辞めたいと考えている人も多いでしょう。 しかし、会社の就業規則によっては、退職予定の人のボーナスは減額される場合もあります。 満額受給するためには、減額されないためのポイントを押さえておくことが必要です。 今回は、退職予定の人のボ

  • 退職後に確定申告が必要な5つのケースを解説

    「退職した人って確定申告しないといけないの?」 「退職したあと、どのような場合に確定申告が必要なのか教えてほしい」 「会社を辞めたあとに確定申告しないとどうなるの?」 など、退職後の確定申告について色々な不安を感じている方もいるでしょう。 会社員として働いていれば、退職は誰にでも訪れるイ

  • 退職の意思表示は口頭のみでも有効?円満に辞めるためのポイントを解説

    「退職届を出さずに、口頭連絡だけで職場を辞めたい」 「口頭の意思表示だけで円満退職したい」 このように思う方も多いのではないでしょうか。 退職の意向を口頭で行った場合でも、本人と会社側の合意があれば認められます。 ただし、職場によっては退職届の提出を求められる場合があり、確認が必要です。

  • 退職する同僚へのメッセージ|好印象な書き方を例文つきで解説

    同僚が退職するときに、感謝や応援のメッセージを贈りたいという方も多いのではないでしょうか。 本記事では、メッセージを贈る際のポイントを解説したうえで、関係性別の例文を紹介していきます。 どのようなメッセージを贈れば良いのか悩んでいる方は参考にしてください。 以下の記事では、退職のメッセージ

  • 退職証明書は何に使う?提出が必要なシーンや提出時の注意点を解説

    在職期間や契約内容などを前の職場に証明してもらう書類に、退職証明書があります。 転職や行政の手続きにおいて必要になる場合がある書類ですが、具体的な用途や必要性がわからない方もいるでしょう。 退職証明書と似た書類に離職票や離職証明書がありますが、手元に届くまでに時間がかかる場合があります。

見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。