公認心理師/臨床心理士求人|医療介護求人サイトかる・ける

キープ 0

閲覧履歴 0

公認心理師/臨床心理士
正社員・契約社員・パート/アルバイトの求人情報

求人情報を検索する

まずは勤務地×雇用形態でラクラク検索!
「もっと細かく調べる」から、診療科目や福利厚生などの細かい条件でも絞り込めます。

新着のお仕事

公認心理士/臨床心理士の就職・転職の傾向

  • 公認心理士/臨床心理士の求人募集の特徴
    ハローワーク求人統計データハローワーク求人統計データによると、令和2(2020)年度の公認心理士/臨床心理士の有効求人倍率は1.08倍です。求人募集数と転職者数が均衡している職種であると考えられます。平成27(2015)年国勢調査によると、公認心理士/臨床心理士の就業者数は154,170人(※他に分類されない保健医療職の全体数)でした。
    令和2年度に実施された「公認心理師の活動状況等に関する調査」によると、雇用形態は常勤約55%、非常勤約38%となっており、パート・アルバイトといった非正規雇用の割合が高めです。
  • 公認心理士/臨床心理士の資格が活かせる就職・転職先
    心理士の主な就業先は、保健医療、福祉、教育、司法・犯罪、産業・労働の5分野および心理相談機関・施設、大学・研究所などです。具体的には総合病院の診療内科、精神病院やメンタルクリニック、児童相談所、学校のスクールカウンセラー、精神保健福祉センターなどです。
    心理士として直接勤務しなくても、その経験や知識を活かして転職する人もいるようです。対人スキルに優れていると評価され、一般企業などに就職する例もあります。
  • 公認心理士/臨床心理士に就職・転職する難易度
    心理士の求人倍率は1.08倍であり、求人が多いとはいえません。未経験可の求人もありますが、選択肢はさらに限られます。
    なお、公認心理士や臨床心理士は仕事がないと考える方もいるようです。非常勤を選択している方のうち、54.0%の人が「希望する分野・機関等で常勤の求人がない/少ない」をあげており、希望する求人とのマッチングに課題を感じる方が多い現状が見受けられます。

他の職種から求人を探す

見つかる・見つける かる・けるとは?

公認心理師/臨床心理士の仕事探しならかる・ける。公認心理師/臨床心理士を含め、全国63,278件(2024年05月26日現在)の求人から、あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員契約社員パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索が可能。希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。

かる・ける