総合トップ 情報かる・ける > 歯科衛生士 > 歯科助手の髪色は自由?正社員やアルバイトによる違いも解説
情報 かる・ける

歯科助手の髪色は自由?正社員やアルバイトによる違いも解説

歯科助手になろうとしている方のなかには、これから面接を受けに行く方もいるのではないでしょうか。
歯科助手は患者さんを相手にする業務であるため、清潔感のある身だしなみが重要です。
髪色はどの程度までならOKなのかを事前に知っておくと、職場内の雰囲気に馴染みやすくなります。

この記事では、歯科助手の髪色は自由なのか、正社員やアルバイトで髪色の基準に違いがあるのかを解説します。

歯科助手の求人を探す

歯科助手の髪色に制限はあるのか

歯科助手の髪色に制限はあるのか

歯科助手の仕事は医療系ということもあり、髪色にシビアなイメージがあるかもしれません。
しかし、実際の歯科助手の求人には「髪色自由」と記載されているものもあり、髪色に規定がない職場もあります。

とはいえ、たとえ髪色自由といった記載があっても、金髪などの派手な髪色では清潔感が損なわれ、職場でも浮いてしまうかもしれません。
一番良いのは、職場の雰囲気にあった髪色です。

面接を受ける前に、応募先のホームページや求人サイトに掲載されている写真などで、職場の雰囲気を確認することがおすすめです。

歯科助手の求人を探す

歯科助手の髪色の目安

歯科助手の髪色の目安

歯科助手の髪色の目安として、一般的にどのくらいのカラーレベルが良いのかを解説します。
また、ヘアカラーだけでなく、インナーカラーやグラデーションは歯科助手として働くうえで許されるのかも確認してみましょう。

カラーレベル

医療従事者として働くうえで、好ましい髪色のカラーレベルの目安は5~7とされています。

カラーレベルはメーカーによって異なりますが12~20段階程度で評価され、数字が大きくなるほど明るい髪色を示します。
日本人の地毛で多いのが4~5トーンくらいなので、カラーレベル6~7は黒髪よりも少し明るい程度の色合いです。

インナーカラー・グラデーション

クリニックの雰囲気によるともいえますが、歯科助手として働くうえで、インナーカラーやグラデーションは控えたほうが無難です。
インナーカラーやグラデーションを入れている場合は、面接時には見えないように工夫をして髪をアレンジすることをおすすめします。

インナーカラーは、髪をまとめたときに目立ちやすいという特徴があります。
全体の髪色が暗めでインナーカラーが金髪などと明るい場合は、特に目立ちやすくなるため注意が必要です。

歯科助手の髪色は正社員とアルバイトで基準の違いがあるか

結論からいうと、歯科助手の正社員とアルバイトで髪色の基準に違いがあるかどうかは、クリニックによって異なります。
正社員もアルバイトも勤務するクリニックは同じであるため、勤務先の施設に馴染む髪色にするのが無難でしょう。

面接時には奇抜な色を避け、落ち着いた髪色で行くことをおすすめします。

歯科助手の髪色はある程度自由だが奇抜な色は避けるのが望ましい

歯科助手の髪色としては、カラーレベル5~7トーンくらいが無難であるといえます。
しかし、歯科助手の求人には、「髪色自由」と記載されているところもあるため、暗い髪色にしたくない方は、そういった求人を探してみるのもおすすめです。

ただし、髪色自由のクリニックでも、奇抜な色は職場の雰囲気に馴染まないことも考えられます。
公式サイトや求人の写真などで職場の雰囲気を確認すると、雰囲気のミスマッチを防ぐこともできるでしょう。

以下の記事では、歯科助手のネイルについて記載していますので、この記事と併せて参考にしてください。
>>歯科助手のネイルはOK?NGでも爪をおしゃれにする方法を解説

歯科助手の求人を探す

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国54,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。