総合トップ 情報かる・ける > 職種・資格について > 正看護師/准看護師 > 看護師国家試験のボーダーラインとは?過去7年の合格基準点と合格率の推移を解説
情報 かる・ける

看護師国家試験のボーダーラインとは?過去7年の合格基準点と合格率の推移を解説

看護師国家試験のボーダーライン(以下、ボーダー)とは、試験に合格するための合格基準点です。

本記事では、国家試験ボーダーについて解説します。
過去7年の合格率とボーダーの推移についても触れていくため、試験を控えている看護学生は、ぜひ参考にしてください。

正看護師/准看護師の求人を探す

看護師国家試験のボーダーラインとは?

看護師国家試験のボーダーラインとは?

看護師国家試験のボーダーとは、試験に合格するための合格基準点のことです。
国家試験は、必修問題、一般問題、状況設定問題の3つからなりますが、そのなかで以下の2つがボーダーを超えていれば合格となります。

  • 必修問題の得点
  • 一般問題+状況設定問題の合計点

必修問題のボーダーライン

必修問題は1問1点で、例年変わらず「40点以上/50点」が合格基準点です。
ただし、採点除外となる問題が発生した場合などは、ボーダーが変更されることを留意しておきましょう。

一般問題+状況設定問題のボーダーライン

一般問題+状況設定問題の配点は、次のとおりです。

配点 合格基準点/合計点数
一般問題 1問1点130点満点 〇〇点以上/250点
(合格基準は毎年変動)
状況設定問題 1問2点120点満点

一般問題+状況設定問題の合格基準点は 必修問題とは違い、例年変化します。

【2022年】第111回の看護師国家試験のボーダーライン

2022年の必修問題は変わらず「40点以上/50点」が合格基準点です。
一方、一般問題+状況設定問題の合格基準点は「167点以上/250点」でした。

国家試験のボーダーは、例年3月に厚生労働省のホームページ上で発表されます 。
そのため、国家試験前に正確な合格基準点を知ることはできません。

一般問題+状況設定問題の合格基準点の目安に関しては、後述で解説します。

正看護師/准看護師の求人を探す

過去7年間の看護師国家試験のボーダーラインと合格率の推移

一般問題+状況設定問題のボーダーは、近年のボーダーの推移を見ることである程度の予測を立てることが可能です。
ここでは、過去7年間における一般問題+状況設定問題のボーダーと合格率の推移を解説します。

ボーダーラインの推移

過去7年間における一般問題+状況設定問題のボーダーの推移は、次のとおりです。

実施回(西暦) 一般問題+状況設定問題のボーダー
105回(2016年) 151点以上/247点
106回(2017年) 142点以上 / 248点
107回(2018年) 154点以上 / 247点
108回(2019年) 155点以上 / 250点
109回(2020年) 155点以上 / 250点
110回(2021年) 159点以上 / 250点
111回(2022年) 167点以上 / 250点

ボーダーラインの推移

合格率の推移

過去7年間における看護師国家試験の合格率の推移は、次のとおりです。

実施回(西暦) 受験者数 合格者数 合格率
105回(2016年) 62,154人 55,585人 89.4%
106回(2017年) 62,534人 55,367人 88.5%
107回(2018年) 64,488人 58,682人 91%
108回(2019年) 63,603人 56,767人 89.3%
109回(2020年) 65,568人 58,513人 89.2%
110回(2021年) 66,124人 59,769人 90.4%
111回(2022年) 65,025人 59,344人 91.3%

過去7年から予想できる看護師国家試験のボーダーラインの目安

過去7年間の一般問題+状況設定問題のボーダーは142点〜167点であり、平均すると155点です。

しかし、上記の点数はあくまで目安です。
ギリギリの点数は狙わず、余裕を持って合格できる点数を狙いましょう。

看護師国家試験のボーダーラインを想定して試験対策を行おう

看護師国家試験に合格するためには、必修問題の得点と一般問題+状況設定問題の合計点が、いずれもボーダーを超えている必要があります。

必修問題のボーダーは、例年「40点以上/50点」です。
一般問題+状況設定問題は毎年変わりますが、過去7年間は「142点~167点」の間で推移しています。

ボーダーを把握して、適切な国家試験の対策を行いましょう。

正看護師/准看護師の求人を探す

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国54,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。