総合トップ 情報かる・ける > 職種・資格について > 正看護師/准看護師 > 看護師の採血バイトの実情は?求人事情や時給相場、注意点なども解説
情報 かる・ける

看護師の採血バイトの実情は?求人事情や時給相場、注意点なども解説

看護師の採血バイトに興味のある方はいませんか?
採血バイトに興味があるものの、実情を知らないためなかなか行動できないという方もいるでしょう。

この記事では、採血バイトの実態として、勤務先や時給相場を紹介します。
また、採血バイトのメリットやデメリット、注意点についても解説しています。

採血バイトに向いている人の特徴も紹介するので、採血バイトに興味のある看護師の方は参考にしましょう。

正看護師/准看護師の求人を探す

看護師の採血バイトの求人事情・勤務先

看護師の採血バイトの求人事情・勤務先

看護師が採血バイトをする勤務先には、次のような場所があります。

  • 病院の採血室
  • クリニック
  • 献血ルーム・献血バス
  • 健診センター・健診車

一口に採血バイトといっても、勤務先によって動きが違うので、それぞれ解説します。

病院の採血室

規模の大きな病院では、採血室が設置されている場合が多いです。
規模の大きさゆえに、採血をする人数が多く、採血室に行列ができる状況も珍しくありません。

採血件数が多いため、採血スキルの高い院内の看護師が常勤で働いており、アルバイトの求人はあまり多くありません。

採血以外の業務はほぼないため、採血だけしたい方にはおすすめの職場です。

クリニック

採血・点滴業務を中心に求人を出しているクリニックもあります。

とはいえ、求人の数はあまり多くないため、はじめからクリニック志望で採血バイトを探しても、すぐには仕事が見つからない可能性があることを念頭に置いておきましょう。

献血ルーム・献血バス

日本赤十字社では献血ルームを全国各地に設置しているだけでなく、より多くの献血を確保するため、定期的に献血バスの運行もしています。

また、病棟勤務のような多岐にわたる業務がないため、経験を積みたい看護師は長期間働くことはなく、入れ替わりも多いです。
そのため、一年を通して一定数の求人があります。

採血以外の業務として、採血した血液の管理や採血後に貧血になった方の対応、会場の設営などがあります。

健診センター・健診車

健診センターでは、健康診断や人間ドックなどの健診が行われており、検査に採血が必要です。
また、健診センターから健診車に乗って学校や企業を巡回する場合も看護師が同行し、採血を行います。

主な仕事は採血ですが、血圧や心電図の測定、体重・身長・腹囲などの計測業務もあります。

健診車で採血バイトをする場合は、会場の設営や撤収作業の手伝いをする場合もあるため、腰痛などで重いものを運べないといった理由があるときは、事前に説明しておくようにしましょう。

看護師の採血バイトの時給相場

採血バイトを単発でする場合は、1,500〜2,000円が相場です。
病院や健診センターなど、勤務場所によって大きく変わることはありません。

採血バイトは時期によって、募集件数が変わります。
求人を探すタイミング次第では、時給相場も変わる点に注意しましょう。

また、健診での単発アルバイトの場合は日給で支払われる場合もあります。
日給の場合は、12,000〜14,000円が相場です。

正看護師/准看護師の求人を探す

看護師の採血バイトのメリット・デメリット

採血バイトで働くメリットやデメリットを紹介します。
多くの場合に当てはまる情報を紹介するので、募集を検討している方は参考にしましょう。

メリット

まずは、看護師の採血バイトのメリットです。

残業がない

採血バイトは勤務先に関わらず、残業が少ないのが特徴です。
また、勤務時間も午前・午後のみや数時間だけなど、短時間で働ける場合も少なくありません。

子育てなどがあり時間に制限がある方や、長時間の仕事では体力的に不安な方でも働きやすいでしょう。

心身への負担が少ない

採血バイトは基本的に採血だけが業務です。
勤務先によっては他の業務を手伝う場合がありますが、多くはありません。

病棟業務のように夜勤や多種多様な仕事があるわけではないので、心身の負担が少ない職場といえるでしょう。

健診車のアルバイトでは設営が必要ですが、看護師が行う移乗や入浴などの体への負担が大きい仕事はありません。

また、単発のアルバイトでは、申し送りや引き継ぎ、カンファレンスといった業務がない点も、精神的な負担がかからないポイントです。

採血技術の維持・向上が可能

病院の採血室では、行列ができるほどの人数に対して採血を行います。
そのため、採血技術の向上にはうってつけの職場です。

育児などで看護師の業務にブランクができてしまい、採血や注射の技術が低下した結果、職場復帰が不安になってしまう場合もあります。

採血バイトを単発でも行えば、定期的に採血や注射を実践できるため、技術の維持が可能です。

デメリット

続いて、看護師の採血バイトのデメリットも確認しておきましょう。

採血以外の看護スキルが低下しやすい

採血バイトでは、採血以外の看護スキルを実践する機会がありません。
あったとしても、健診で血圧測定や身体計測をする程度でしょう。

そのため、病棟やクリニックで求められるような看護スキルが低下しやすいです。
長期間採血バイトのみしか行っていない場合は、病棟などに復帰しにくくなる可能性があります。

また、看護師として多くの経験がしたい、看護スキルを上達させたい思いのある方には不向きな仕事です。

業務内容が単調

採血バイトは、勤務時間のほとんどを採血に費やします。
勤務先によっては、ただひたすら採血のみを実施する場合も少なくありません。
作業を単調に感じてしまいやすい仕事です。

単調な仕事では退屈に感じてしまう、いろいろな作業をして飽きないようにしたい方には、向かない可能性があります。

求人が少ない

採血バイトの就業場所の一つである健康診断は、春と秋に実施される場合が多いです。
結果として、春秋に求人が多くなる一方で、夏と冬の求人は少ない傾向があります。

一年を通して求人が少ないため、働きたいタイミングで仕事が見つからない可能性があるのは覚悟しておきましょう。

また、東京や大阪などの大都市では、健診の実施回数も多いため求人数も多いですが、人口の少ないエリアなどでは、求人数が少なくなります。
地域によっては、求人がなかなか見つからない点もデメリットです。

看護師が採血バイトをする際の注意点

採血バイトをする場合には、次のような点に注意が必要です。

  • 医療事故に注意する
  • 保険の有無を確認する
  • 正確性・安全性・スピードが求められる
  • 副業がOKか確認する

それぞれ、どのように注意すれば良いのかを解説します。

医療事故に注意する

採血バイトは勤務先によっては、多くの件数の採血を決められた時間で実施しないといけません。
時間に追われて集中力を切らしてしまうと医療事故になりかねないため、注意が必要です。

特に採血では注射針を扱うため、一瞬の気の緩みが医療事故につながってしまいます。
常に人に危害を加える可能性のあるものを扱っているという意識を、忘れないように心がけましょう。

保険の有無を確認する

採血バイトは注射針を扱うため、いくら注意しても人に危害を加える可能性をゼロにはできません。
万が一、事故が発生した場合に備えて、保険に加入する対策を取りましょう。

勤務先が規模の大きい病院や法人であれば、あらかじめ保険に加入しているケースも多いですが、小さなクリニックや法人では、保険に入ってない可能性があります。

もし、勤務先が保険に加入していない場合は、個人での看護職賠償責任保険への加入も検討しましょう。

正確性・安全性・スピードが求められる

採血バイトは短時間に多くの方の採血をするため、正確性や安全性に加えて、スピードが求められる場合も少なくありません。
多い場合は一度に100人以上の採血をするため、スムーズな仕事が欠かせません。

採血件数は職場によって差があるため事前に確認して、採血のスピードに不安がある場合は、採血件数が極端に多い職場は避けたほうが良いでしょう。

なぜなら、前述のように採血には事故のリスクが常にともなうからです。
焦りが事故につながらないように、勤務先を検討しましょう。

副業がOKか確認する

採血バイトは単発で募集される場合が多く、時間に余裕があるときに副業として働くには、ちょうど良い仕事です。
しかし、勤務先が副業を禁止している場合は注意しましょう。

副業禁止なのに、知らずに採血バイトをしてしまうと、本業に悪影響を及ぼす可能性があります。
そのため、副業で採血バイトを検討する場合は、本業の勤務先が副業可能かどうかを確認するようにしましょう。

採血バイトが向いている人

採血バイトは、向いている方にとっては時給が良く心身のストレスも少ないため、メリットのある仕事です。
以下のような特徴に当てはまる方は、採血バイトに向いているでしょう。

  • 短時間勤務を希望している
  • 残業や夜勤がない仕事がしたい
  • 採血が得意
  • 副業がしたい
  • コミュニケーションが少ない仕事がしたい
  • 看護師としてブランクがあるため採血を経験したい

採血バイトといっても、前述したようにさまざまな働き場所があるため、希望にあった勤務先を選ぶようにしましょう。

採血バイトの実情を理解して医療事故に注意して働こう

採血バイトは時給も良く、単発で働けるため、育児・介護中の方や副業を探している方に合っている仕事です。

ただ採血をするだけといっても、勤務先によって忙しさや求められる業務内容が異なります。
また、医療事故のリスクもあり、簡単な仕事とはいえないでしょう。

本記事を参考に採血バイトの実情を把握して、医療事故を起こさないような意識を持って、求人を探しましょう。

正看護師/准看護師の求人を探す

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国61,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。