総合トップ 情報かる・ける > 職種・資格について > 理学療法士 > 理学療法士のボーナスはいくら?企業規模別・職場別の金額も紹介
情報 かる・ける

理学療法士のボーナスはいくら?企業規模別・職場別の金額も紹介

理学療法士をめざすにあたって、ボーナスなどの待遇面は気になるところでしょう。
理学療法士のボーナスは、勤務先や勤続年数によって変動します。

本記事では、理学療法士の平均ボーナスを、企業規模や経験年数、勤務先の種類ごとに見ていきましょう。
すでに理学療法士として活躍している方はもちろん、これからめざすことを検討している方や、転職を考えている方も、ぜひ参考にしてください。

理学療法士の求人を探す

理学療法士全体の平均ボーナス

理学療法士全体の平均ボーナス

令和4年賃金構造基本統計調査によると、理学療法士を含むリハビリ専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士)の平均ボーナスは69万8,400円です。
平均年齢や勤続年数を含めたものを以下の表にまとめました。

理学療法士の平均ボーナス・平均年齢・平均勤続年数(男女合計)
ボーナス 69万8,400円
年齢 34.7歳
勤続年数 7.3年

医療・福祉職全体の平均ボーナスが73万4,300円となっていますので、比較すると理学療法士の平均ボーナスは低くなっています。
医療・福祉全体の平均年齢は42.9歳ですので、理学療法士が若い職員が多いことも原因の一つでしょう。

理学療法士のボーナスが月給の何ヵ月かは、理学療法士の平均月給から計算が可能です。
理学療法士の平均月給は約30万円ですので、ボーナスは月給の2~3ヵ月になります。

続いて、平均ボーナスや年齢、勤続年数を男女で分けたものも紹介します。
まずは男性理学療法士が以下の表です。

理学療法士全体の平均ボーナス・平均年齢・平均勤続年数(男性)
ボーナス 71万3,600円
年齢 35.4歳
勤続年数 7.4年

女性理学療法士については以下のとおりです。

理学療法士全体の平均ボーナス・平均年齢・平均勤続年数(女性)
ボーナス 68万2,000円
年齢 34.0歳
勤続年数 7.1年

男性に比べて女性のほうが、ボーナスがやや低い水準になっています。

【企業規模別】理学療法士の平均ボーナス

理学療法士の平均ボーナスを、企業規模別に紹介します。
令和4年賃金構造基本統計調査を参考に、企業規模を10〜99人、100〜999人、1,000人以上に分けました。

【企業規模別】理学療法士の平均ボーナス・平均年齢・平均勤続年数
企業規模 10〜99人 100〜999人 1,000人以上
ボーナス 50万7,800円 68万1,200円 90万900円
年齢 37.3歳 34.2歳 34.5歳
勤続年数 6.7年 7.4年 7.3年

企業規模別に見ると、大企業で働く理学療法士のボーナスが多いことがわかります。

企業規模別に平均年齢を見ると、1,000人以上の企業で働く理学療法士は34.5歳と、ほかの規模で働く理学療法士と比べても高くありません。
そのため年齢に関係なく、大企業で働くほうがボーナスを多くもらえるといえるでしょう。

次に、企業規模別の平均ボーナスを男女に分けた表を紹介します。

【企業規模別】理学療法士の平均ボーナス・平均年齢・平均勤続年数(男性)
企業規模 10〜99人 100〜999人 1,000人以上
ボーナス 50万5,400円 69万5,500円 97万600円
年齢 36.9歳 34.8歳 35.7歳
勤続年数 6.5年 7.5年 7.9年
【企業規模別】理学療法士の平均ボーナス・平均年齢・平均勤続年数(女性)
企業規模 10〜99人 100〜999人 1,000人以上
ボーナス 51万1,400円 66万6,400円 83万3,400円
年齢 37.9歳 33.5歳 33.2歳
勤続年数 6.8年 7.3年 6.7年

男女で比べると、10〜99人と規模の小さい事業所では女性の方がボーナスが多いですが、100人以上の企業では男性の方がボーナスが多いです。全体の平均ボーナス同様、男女とも1,000人以上の企業で平均ボーナスが高くなっています。

理学療法士の求人を探す

【経験年数別】理学療法士の平均ボーナス

経験年数別に平均ボーナスを示します。
令和4年賃金構造基本統計調査を参考に経験年数を0年、1〜4年、5〜9年、10〜14年、15年以上に分けました。

【経験年数別】理学療法士の平均ボーナス
経験年数 0年 1〜4年 5〜9年 10〜14年 15年以上
ボーナス 5万7,000円 60万4,800円 69万9,000円 76万5,700円 97万5,700円

経験年数0年は理学療法士になって1年目のボーナスです。
基本的に夏季のボーナス査定ができないため、他の年数よりもボーナスが極端に低くなっています。
経験年数1年以上では、平均ボーナスは経験年数が上がるにつれて着実に上がっています。

次に、理学療法士の平均ボーナスを、年齢別にまとめた表も見てみましょう。

【年齢別】理学療法士の平均ボーナス
年齢 ボーナス
20〜24歳 33万200円
25〜29歳 65万7,600円
30〜34歳 69万9,300円
35〜39歳 74万6,100円
40〜44歳 88万1,400円
45〜49歳 92万7,100円
50〜54歳 99万3,600円
55〜59歳 104万4,600円
60〜64歳 68万7,500円
65〜69歳 88万1,000円

20代前半は理学療法士1年目が含まれるため、ボーナスは極端に少なくなっています。

高卒で養成校に入り、卒業後すぐに理学療法士として働き始めると、15年後には40歳前後になります。
経験年数別でも15年以上からボーナスが上がっていますが、年齢別に見ても経験年数が15年を過ぎる30代後半から40代前半でボーナスが約15万円上がっています。

【勤務先別】理学療法士の平均ボーナス

病院や介護現場で働く理学療法士と、公務員の理学療法士のボーナスを紹介します。
理学療法士の過半数は病院で働いているため、前述した理学療法士全体の平均ボーナスである69万8,400円が参考になるでしょう。

介護現場で働く理学療法士の平均ボーナスは、令和4年度介護従事者処遇状況等調査結果を参考にすると71万8,080円でした。
また、令和4年地方公務員給与実態調査によると、公務員の理学療法士のボーナスは146万3,760円でした。

病院や介護現場で働く理学療法士に比べ、公務員として働く理学療法士が高いボーナスをもらえることがわかります。

理学療法士のボーナス事情を知って転職を検討しよう

理学療法士のボーナスの平均額は、69万8,400円です。
医療・福祉職全体の平均額よりは少ない額ですが、理学療法士全体の平均年齢が若いことも影響しています。
基本的には、年齢や経験年数を重ねるにしたがって、ボーナスは着実に増額する傾向です。

また、企業規模が大きかったり、公務員だったりするとボーナスも高額になるため、高収入を求めるのであれば、これらの職場を検討すると良いでしょう。

理学療法士の求人を探す

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国61,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。