総合トップ 情報かる・ける > 仕事知るトク情報 > 処方箋 > 処方箋の有効期限とは?期限が切れた場合の対処法を解説
情報 かる・ける

処方箋の有効期限とは?期限が切れた場合の対処法を解説

処方箋に期限があることを知らない人も少なくないでしょう。
しかし、処方箋には有効期限があり、期限を過ぎると無効となってしまいます。

仕事の合間などで医療機関を受診して処方箋を受け取り、調剤薬局には「仕事が終わってから」や「休みの日に行こう」と考えるときには、処方箋の有効期限に注意が必要です。

処方箋の有効期限を知っておくことで、不要な費用をかけることなく早期に薬を手に入れることができます。
ここでは処方箋の有効期限について、記載場所や期限切れになったときの対処法を含めて解説します。

処方箋の有効期限は?

処方箋の有効期限は?

処方箋の有効期限は、原則4日以内です。
土日祝日は関係なく期限が決まっているため、調剤薬局の営業日などを考慮しなくてはいけません。
また、有効期限が記載されている部分は小さく見えづらいため、注意しましょう。

処方箋の期限は原則4日以内

医師の指示で特別な理由があれば短縮や延長が可能ですが、処方箋の有効期限は、交付日を含めて原則4日間です
これは「保険医療機関及び保険医療養担当規則」第20条で定められています。

例えば、4月1日(金)に処方箋を受け取った場合、4月4日(月)までが有効期限です。
土日祝日関係なく4日間であるため、連休などは調剤薬局の営業日を考慮して、特に注意する必要があります。

処方箋が交付された日から日数が経つと、診察を受けたときと症状が変わっている可能性があると考えられています。
そのあとで薬を飲んだとしても、効果が十分に発揮できない場合や、安全面での心配があるため、それを考慮した日数として期限が定められているのです。

処方箋期限切れはなぜ起こる?

処方箋期限切れはなぜ起こる?

出典:処方箋の使用期間にご留意ください|厚生労働省

上記の処方箋画像を見てもらうとわかるように、処方箋の期限があることを知らないと、見逃してしまう可能性があります。

加えて、この欄は無記入になることもあります。
脇に「特に記載のある場合を除き、交付の日を含めて4日以内に保険薬局に提出すること」と書き添えてあるためです。
つまり、「未記入=4日が期限」という意味になるのです。

このような事情から、処方箋の期限切れは珍しいことではありません。
総務省は処方箋の使用期間の延長を求める申し出や、再発行にかかった費用への苦情を受けています。
また、期限切れの処方箋の提出を受けた保険薬局が常時あったという統計も出ています。

処方箋が期限切れになった場合の対応方法

処方箋が期限切れになった場合の対応方法

仕事やプライベートの予定があり、つい後回しにして処方箋の期限が切れてしまったこともあるでしょう。

処方箋の有効期限を超過した場合、その処方箋は無効になります。
そのため再度医療機関を受診し、処方箋を再発行してもらわなければなりません。

また、再発行にかかる処方箋料には保険請求が認められず、患者本人が全額負担することになります。
以前、調剤薬局での病院への問い合わせや、処方箋の期限を延長できないかとあとから依頼するケースがありましたが、厚生労働省からの通達もあり、延長などの対応は認められないと定められています。

処方箋が有効期限切れにならないための注意点

前述したとおり、処方箋が再発行になると不要な費用を追加で払わないといけないため、有効期限切れにならないよう注意が必要です。
こでは、有効期限切れにならないための注意点を2つ解説します。

事前に処方箋期間内の受け取りが難しいことを医師に相談する

「保険医療機関及び保険医療養担当規則」第20条、三 処方箋の交付に「長期の旅行等特殊の事情があると認められる場合は、この限りでない」とあるとおり、事情がある場合は医師の判断で処方箋の期限を延長できます。

そのため、処方箋が発行される前に医師に相談することで、処方箋の期限を延長して受け取ることが可能です。
4日以内に処方箋を調剤薬局に提出できないことが事前にわかっている場合は、受診の際に医師に相談しましょう。

調剤薬局にすぐ行けないときは事前に処方箋を送付しよう

調剤薬局にすぐに行けない場合でも、インターネットやFAXでの処方箋受付サービスを利用して、受付のみを先に済ませることが可能です。

処方箋の期限内に、FAXやメールで調剤薬局へ処方箋のコピーを送付します。
調剤薬局は本人が来る前に薬の在庫を確認し、事前に準備しておくことができるため、来店時には短い待ち時間で薬を受け取ることができます。

こうした遠隔処方箋受付サービスを行っている調剤薬局も増えているため、近隣に同様のサービスを導入している調剤薬局がある場合は、積極的に活用しましょう。

しかし、あくまでもFAXやネットでの受付サービスは処方箋のコピーを用いるものになります。
原本は原則4日以内の提出が求められるため、送っただけで満足しないように気を付けましょう。

処方箋が無効になっても焦らず対処しよう

処方箋の有効期限は、原則4日以内と定められています。
処方箋に有効期限が記入されないこともあるため、見落とさないよう注意が必要です。

もし期限切れになった場合、再発行しないと薬を受け取ることができません。
その際の費用はすべて本人負担になるため、不要な出費をしないよう、事前に医師へ処方箋の有効期限を延長してもらう相談をしたり、調剤薬局へ処方箋を送付する対応をとることが重要です。

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国54,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。