総合トップ 情報かる・ける > 職種・資格について > 介護福祉士 > 介護福祉士が病院勤務した場合の仕事は?給料や一日の流れも解説
情報 かる・ける

介護福祉士が病院勤務した場合の仕事は?給料や一日の流れも解説

介護福祉士が病院勤務をする場合、介護施設とは仕事内容や給与が異なります。
病院勤務を検討する際には、就職後に戸惑うことのないよう、事前に特徴を把握しておきましょう。

本記事では、介護福祉士が病院勤務をする場合の仕事内容や給料、病院で働くメリットやデメリットを紹介するので、参考にしてください。

介護福祉士の求人を探す

介護福祉士が病院勤務した場合の仕事

介護福祉士が病院勤務した場合の仕事

介護福祉士は、介護施設だけではなく、病院で働くこともできます。
病院での具体的な業務としては、以下のようなものがあります。

  • 入院患者さんの身体的な介護業務
  • 掃除やシーツ交換などの環境整備
  • 看護師業務の補助
  • リハビリ視点での介護

それぞれの業務の詳細について解説します。

入院患者さんの身体的な介護業務

病院勤務の介護福祉士も、介護施設に勤める介護士と同じように、身体的な介護業務を行います。
具体的には以下のとおりです。

病院における介護業務
● 食事介助
● 排泄介助
● 入浴介助
● 更衣や整容の介助
● 移乗介助
● 体位変換の介助

掃除やシーツ交換などの環境整備

患者さんが生活する環境を整えることも、介護福祉士の仕事です。
具体的にはベッド周辺の掃除やシーツの交換、ベッドメイキングといった業務があります。

ただ環境を整備するだけでなく、患者さんとコミュニケーションを取りながら行い、患者さんの不安を取り除くことも重要な役割です。

看護師業務の補助

介護職は看護師と異なり、診療の補助として医療行為はできません。
しかし、看護師の補助として、以下のような業務を行うことが可能です。

  • 医療機器の準備・片付け
  • 医療機器などの洗浄
  • 患者さんの案内や付き添い
  • 事務作業の手伝い

このように、医師や看護師が医療的な業務をスムーズに進めるためのサポートをすることも、病院における介護福祉士の業務です。

回復期病院ではリハビリ視点の介護をする場合も

病院のなかでも、回復期病棟ではリハビリ視点の介護が必要です。
回復期病棟に勤める介護福祉士は、患者さんが退院後に必要な生活動作を習得するための介護を行います。

回復期病院の患者さんは回復の過程にあり、日に日にできることが変化していくため、そうした変化をリハビリ職に伝えると、リハビリを進めるうえで有用な情報になるでしょう。

介護福祉士の業務の違い:病院勤務と介護施設勤務

介護福祉士が就職先を選ぶ際には、病院勤務と介護施設勤務の違いをしっかり把握しましょう。

病院勤務では、前述のように身体的な介護以外の業務として、看護師の補助や環境整備を行います。
また、医師や看護師など、医療職との連携が多い点も特徴です。

一方、レクリエーションやイベントの準備・進行といった業務はあまりありません。
通所施設のような送迎業務もないでしょう。

以上のような特徴から、レクリエーションやイベントの司会進行が苦手、送迎業務を行いたくないなどの希望がある方は、病院勤務を検討してみましょう。

病院に勤務する介護福祉士の一日の流れ

介護福祉士が病院勤務するときの一日の流れを表にしてみました。
詳細なタイムスケジュールは職場や勤務形態によって変わりますが、具体的なイメージを持つための参考にしてください。

病院で働く介護福祉士の一日の例
8:30〜9:00 出勤・朝礼・患者さんの状態に関する引き継ぎ
9:00〜10:00 朝食の配膳、食事介助、排泄介助、口腔ケア
10:00〜11:00 入浴介助、シーツ交換や病室の清掃、看護師の補助業務
11:00〜12:00 患者さんの移送、昼食の準備、排泄介助
12:00〜13:00 昼食の介助、口腔ケア
13:00〜14:00 昼休憩
14:00〜15:00 看護師の補助業務、入浴の介助
15:00〜16:00 病室の清掃
16:00〜17:00 介護記録の記入、看護師の事務作業の補助、夕食の準備
17:00〜17:30 申し送りの記入、業務終了

病院勤務の介護福祉士の給料

病院勤務で看護助手として働く場合と、介護施設で介護職として働く場合では、給料に違いがあります。
以下に令和4年賃金構造基本統計調査による、給料を比較した表を示します。

勤務場所 所定内給与額
介護職員(施設) 242,200円
訪問介護職員 245,500円
看護助手 206,200円

データとしては、病院で働く介護士のほうが給与が低い傾向があります。
賃金構造基本統計調査における看護助手には、介護福祉士の資格を持たずに働いている方も含まれているため一概にはいえませんが、病院に転職する場合、給料が低い可能性がある点を考慮したほうが良いでしょう。

介護福祉士の求人を探す

介護福祉士が病院勤務するメリット

介護福祉士が病院勤務するメリットを4つ紹介します。
病院で働くことでしか得られないものもあるので、勤務を検討する場合の参考にしましょう。

介助でかかる身体的な負担が少ない

病院は、介護施設と比べて、要介護度の高い患者さんは多くありません。
そのため、身体的な介護をする場面も少なく済むでしょう。
また、看護師の補助や掃除などを行うぶん、業務全体における介護の割合は小さくなります。

介護福祉士として充分な技術を持っているものの、体力面で不安がある方にとっては、病院勤務は魅力的な選択肢といえるでしょう。

医療の知識が身につく

介護福祉士が医療行為をすることはできませんが、医師や看護師の治療や処置を身近で目にするため、介護施設に比べて医療の知識を身につけやすいです。

自身のキャリアを考えるうえで、医療の知識を身につけたい方にとって、病院での仕事は良い経験になるでしょう。

患者さんの回復する様子を見届けられる

病院では、患者さんが回復していく様子を間近で見ることができます。
無事に元気になって退院される様子を見送れると、介護福祉士としてのやりがいを感じるでしょう。

介護老人保健施設は自宅への退所を目標とした施設ですので、似たようなやりがいを得られるかもしれません。
しかし、他の介護施設ではなかなか体験できないやりがいといえるでしょう。

幅広い年齢層の患者さんと関われる

介護施設は高齢者を対象にしているので、利用者さんは基本的に65歳以上です。

一方、病院では高齢者だけでなく、若い世代も入院しているため、幅広い年齢層の患者さんと関わることができます。
いろいろな年代の方と関わりながら仕事がしたい方には、メリットのある職場です。

また、診療科によっては、若い世代が多い場合もあり、身体介護をほとんど必要としないこともあります。
そのような場合は、環境整備や清掃などの業務が多くなるため、身体的な負担が少なく済むでしょう。

介護福祉士が病院勤務するデメリット

介護福祉士が病院勤務する場合に生じるデメリットを紹介します。
メリットと比較しながら、自分に病院勤務が合っているか検討しましょう。

医師や看護師との関係性に悩む場合もある

病院勤務では、医師や看護師などの医療スタッフと関わる機会が多く、指示を受けて補助業務を担うことも少なくありません。

介護福祉士と医師や看護師では、どちらの立場が上ということはありません。
しかし、実際には上下関係を感じてストレスになることもあります。

介護福祉士としてスキルアップが難しい

介護福祉士は介護職における唯一の国家資格であり、高い専門性を持った職種です。
介護スタッフをまとめたり、マネジメントをするスキルも求められます。

しかし、診療科によっては身体介護が少ない場合があり、介護福祉士として技術を活かしにくいことがあります。
技術を使う機会が少なければスキルアップも難しいため、その点はデメリットといえるでしょう。

介護福祉士としての理想と現実のギャップに悩むことも

介護福祉士は介護の専門家ですので、介護施設における主なサービス提供者として活躍が可能です。

しかし、病院では医師や看護師の指示による補助的な業務が多くなりがちなため、介護福祉士としての理想と現実の違いに悩んでしまうこともあるでしょう。

感染のリスクがある

病院には感染症に感染した患者さんが来院することもあります。
介護施設でも感染症を患った方はいるでしょうが、病院ほどではありません。

季節性のウイルスが流行っている時期や、新型コロナウイルスのように新しい感染症が蔓延している場合でも対応の必要がある点は理解しておきましょう。

病院勤務する介護福祉士の特徴を知って転職の参考にしよう

介護福祉士が病院勤務をすると、介護施設では経験できない医療的な現場を知ったり、幅広い年齢の患者さんと接する機会があります。
また、身体介護が少ない点は、体力面で不安のある方にはメリットになるでしょう。
病院と介護施設、それぞれの特徴を理解したうえで、勤務先を選ぶことが大切です。

介護福祉士の求人を探す

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国54,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。