総合トップ 情報かる・ける > 職種・資格について > 介護職/ヘルパー > 介護士の給料は平均いくら?
情報 かる・ける

介護士の給料は平均いくら?

介護士として働いている人のなかには、自分の給料が多いのか、少ないのか、気になる人もいるでしょう。
また、今後のキャリアパスを考えるうえで、介護士として長く勤めた場合の給料も知っておきたいものです。

本記事では、介護士の給料について、さまざまな切り口から紹介していきます。

介護職/ヘルパーの求人を探す

介護士の給料はどのくらい?

ここでは、介護士の平均月収・年収や、給料の推移、男女別、年齢別、勤続年数別の給料について、厚生労働省の令和4年度介護従事者処遇状況等調査結果のデータをもとに見ていきましょう。

介護士の平均月収・年収

厚生労働省の発表によると、介護士の令和4年9月時点の平均月収は常勤で239,800円、非常勤で175,290円となっています。

この平均月収から年収を計算すると、常勤が2,877,600円、非常勤で2,103,480円になります。

介護福祉士の年収については以下の記事をご覧ください。
>>介護福祉士の年収はどれくらい?勤務形態など7つの項目に分けてご紹介

介護士の給料の推移

現在、国は介護士として働く人の数を増やすために、処遇の改善に努めると表明しています。
令和3年12月から令和4年9月までの期間の、介護士の給与の推移は以下のとおりです。

常勤 非常勤
令和3年12月時点 230,590円 166,870円
令和4年9月時点 239,800円 175,290円

このように、9ヵ月のあいだに、月あたりの給料が約9,000円上がっていることがわかります。

男女別・年齢別の平均年収

続いて、介護士の平均月収を男女別に見ていきましょう。

年齢 平均年収(常勤・男性) 平均年収(常勤・女性)
29歳以下 3,480,600円 3,397,800円
30~39歳 4,048,320円 3,708,840円
40~49歳 4,310,160円 3,823,560円
50~59歳 4,068,480円 3,804,360円
60歳以上 3,358,560円 3,493,080円
全体の平均年収 4,011,000円 3,706,560円

男女を比較すると、男性のほうが平均年収が多いことがわかります。
理由の一つとして、世帯主として各種手当がつくことの多い男性のほうが高くなっていることが挙げられるでしょう。

また、基本的には年齢が上がるにつれて給料も上がっていきます。
60歳以上で給与が大きく減る理由として、再雇用となることや夜勤の回数の減少が挙げられます。

勤続年数別の平均年収

続いて、常勤で働く介護士の、勤続年数別の平均年収を見ていきましょう。

勤続年数 給与
1年 3,366,600円
5年 3,671,640円
10年 3,874,800円
15年 4,111,080円
20年以上 4,459,680円

介護士の給与は、勤続年数が長くなると増加する傾向にあることがわかります。
理由の一つが、介護士としての実務経験を積んだのち、介護福祉士等の資格を取得する人がいることです。
資格を取得すれば、資格手当がつき、給与が増加します。

介護士の平均月収を知ってキャリアプランを考えよう

介護士の平均月収を見ると、男女に多少の差はあるものの、年齢や勤続年数に応じて給料アップが見込まれることがわかります。
現在国も介護士の処遇改善に努めており、今後も給料上昇が期待できるでしょう。

介護職/ヘルパーの求人を探す

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国54,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。