総合トップ 情報かる・ける > 職種・資格について > 正看護師/准看護師 > 看護師の専門学校と大学の違いを徹底解説
情報 かる・ける

看護師の専門学校と大学の違いを徹底解説

看護師の専門学校と大学の違いは、学ぶ年数や内容、学費や実習の量のほか、就職先の幅や入学に求められる学力です。
看護師の専門学校と大学の違いを知っておかないと、進路を決める際に迷ってしまうかもしれません。
看護師の専門学校と大学の違いを知って、どちらにチャレンジするか決めたいのではないでしょうか。

この記事では、看護師の専門学校と大学の違いを紹介します。

正看護師/准看護師の求人を探す

看護師の専門学校と大学の違い

看護師の専門学校と大学の違い

看護師の専門学校と大学の違いには、どういったことがあるでしょうか。
ここでは、違いを紹介します。

学ぶ年数

専門学校と大学は、学ぶ年数に違いがあります。

専門学校で学ぶ年数は3年が一般的ですが、大学は4年となっています。
とはいえ、いずれにしてもすべての教育課程を履修し、必要な単位を修得しなければ卒業できません。

専門学校は大学よりも、短期間で専門的な分野を学ぶことができます。
専門学校のなかには2年制のコースもありますが、得られる資格が正看護師ではなく準看護師となることを把握しておきましょう。

学ぶ内容

学ぶ内容も、専門学校と大学で違います。

専門学校の場合は、職種に必要な知識や技術など、実践的な内容が中心のカリキュラムとなっています。
即戦力となる人材を育成することを目的としているため、講義よりも実習が多いです。

一方、大学でも専門学校と同じように看護師になるための知識や技術を学べますが、一般教養などの幅広い教養を学ぶためのカリキュラムが組まれています。

学費

専門学校と大学では、学費にも違いがあります。
3年制の専門学校と4年制の大学では、一年間に必要な費用や修業期間に違いがあるため、学費に差が出るのです。

東京都専修学校各種学校協会が公開している令和3年度の調査結果によると、専門学校で初年度に必要な学費は約114万円であり、3年間で約342万円と予想できます。
一方、文部科学省が公開している令和3年度の調査結果では、大学で初年度に必要な学費は約136万円となっており、4年間では約544万円と想定できます。

実習の量

実習の量も専門学校と大学で違います。

専門学校は、短期間で専門分野の実践的なスキルを学ぶことができます。
そのため、実習の量が比較的多く、看護師として働く感覚を就職する前に身につけることが可能です。

一方、大学は専門学校と比較して実習の量が少なく、座学が多くなっています。
レポートなどの課題も多く、学習のスケジュールが立てにくくなることがあります。

就職先の幅

専門学校と大学では、就職先の幅も違います。

専門学校は限られた知識や技術を集中的に学ぶため、卒業後の就職は看護師に限られるでしょう。

一方、大学では看護師に必要に限らず、幅広いジャンルの学問も学べるようになっているため、大学によっては保健師や助産師の国家試験受験資格を得ることも可能です。

入学に求められる学力

入学に求められる学力も、専門学校と大学で違います。

専門学校の場合は、学力だけでなく人間性も含めて合否が決まります。
一方、大学の場合は、一般教養科目を含めた広い範囲の知識を学ぶ必要があり、入試が難しいため、高い学力がなければ入学することができません。

そのため、専門学校に合格できても、大学に入学できないということもありえます。

看護師になるために専門学校や大学の違いを知ってチャレンジしよう<

看護師の専門学校と大学には、学ぶ年数や内容、学費や実習の量などに違いがあります。
看護師の専門学校と大学の違いを知っておかないと、進路を決める際に迷うことになるかもしれません。

この記事を参考に、看護師になるための専門学校や大学の違いを知って、チャレンジしてください。

正看護師/准看護師の求人を探す

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国61,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。