総合トップ 情報かる・ける > 職種・資格について > 栄養士 > 栄養士の仕事で大変なこと10選!つらいと感じる場面は?
情報 かる・ける

栄養士の仕事で大変なこと10選!つらいと感じる場面は?

栄養士の仕事は、事務作業と厨房内業務を兼務している場合もあり、業務量が多くなりがちです。
また、体力が必要な仕事や、コミュニケーション能力が求められる仕事も少なくありません。

この記事では、栄養士の仕事で大変なことを10個紹介します。

栄養士の求人を探す

栄養士の仕事で大変なこと・つらいこと10選

栄養士の仕事で大変なこと・つらいこと10選

栄養士の業務で、特に大変なこととして挙げられるのは以下の10個です。

  1. 時間内に大量のタスクを処理する
  2. 限られた予算内で栄養バランスの良い献立を考える
  3. 現場でスキルを身につける
  4. 働きながら管理栄養士の資格を取る
  5. 相手の立場に立った栄養指導を行う
  6. 立ち仕事が多い
  7. 他のスタッフと連携して業務を進める
  8. 職場の人数が少ないなかで休みを取る
  9. 責任が求められる
  10. スケジュールが不規則になりがち

一つずつ見ていきましょう。

1. 時間内に大量のタスクを処理する

栄養士の仕事は多岐にわたります。
献立の作成や調理方法の改善、栄養指導、食材の管理、職場によっては厨房での調理にあたることもあります。
これらのタスクを決められた食事時間を守りながらこなしていかなければなりません。
また、人材不足の職場も多く、その場合は激務に拍車がかかります。

2. 限られた予算内で栄養バランスの良い献立を考える

献立を作成する際は、決められた予算を守ったうえで、バランスの良いメニューを考えなければなりません。
特に治療食の献立は、厳しい栄養価の制限を守る必要があります。
予算の関係から使用できる食材が限られてくることもあるなかでも、単調にならず、バリエーション豊かな献立に仕上げるためには、味付けや風味に変化を出すなどの工夫が大切です。

3. 現場でスキルを身につける

栄養士が働く現場では、予想だにしなかったことも多く起こります。
ですから学校で身につけた知識だけがあっても、うまく現場を動かすことは難しいでしょう。
現場の厳しさに揉まれながら、想定外の出来事にも動じない柔軟さを身につけなければなりません。

4. 働きながら管理栄養士の資格を取る

管理栄養士の資格を取ることは、栄養士にとって大きなステップアップ。
しかし、働きながら管理栄養士の資格を取得するのは、簡単なことではありません。

栄養士から管理栄養士の国家試験に合格した割合を確認してみましょう。

管理栄養士国家試験の合格率

合格率 2019年 2020年 2021年
管理栄養士養成課程(新卒) 95.5% 92.4% 91.3%
管理栄養士養成課程(既卒) 18.0% 12.0% 19.1%
栄養士養成課程(既卒) 20.4% 17.8% 24.3%

管理栄養士養成校の新卒者の合格率は9割以上と高い一方、既卒の場合は2割程度となっており、働きながら勉強することの大変さがうかがえます。

5. 相手の立場に立った栄養指導を行う

栄養指導は、相手の立場や状況、気持ちを踏まえて行う 必要があります。

頭ごなしに「塩分を控えてください」「野菜をたくさん食べてください」などと指導しても、なかなか受け入れてはもらえないものです。

丁寧にコミュニケーションを取り、相手に寄り添った指導が求められるところに、栄養指導の難しさがあります。

6. 立ち仕事が多い

栄養士は立ち仕事が多い職業です。
重い食材や調理器具を運ばなければいけませんし、厨房で調理にあたる際は基本的に立ちっぱなしのことも。
食事の量や提供する人数が多ければ、よりいっそうの体力が必要です。

7. 他のスタッフと連携して業務を進める

栄養士の仕事は、同じ厨房で働く調理師や、厨房以外の職員など、さまざまなスタッフと連携を取りながら進めなければいけません。
相手の立場を慮りながら、円滑なコミュニケーションを取っていくスキルが大切です。

8. 職場の人数が少ないなかで休みを取る

栄養士の数が足りていない現場は少なくありません。
施設に栄養士が一人しかいないこともあります。
そのような職場では、なかなか希望どおりの休みを取ることが難しいでしょう。

9. 責任が求められる

栄養士は、施設における食事の安全に責任を持つ立場です。
特にアレルギー食の対応は命に関わるため、間違いは許されません。
栄養士が一人しかいない職場に勤めているのであれば、仕事の大変さも、責任の重さも、いっそう大きくなります。

10. スケジュールが不規則になりがち

栄養士の勤務時間はシフト制の場合もあります。
早朝や夜遅くの勤務もあるため、うまく休息を取れるような勤務計画を立てなければ、生活リズムが大きく崩れたり、体調を崩してしまいやすくなったりします。

栄養士は大変なことも多いがやりがいのある仕事

栄養士の大変さについて、10個ご紹介しました。
多忙になりやすく、責任も重い仕事ですが、その反面やりがいも大きい仕事です。

また、以下の記事では、どのような人が栄養士に向いているかを紹介しています。
参考にしてください。

栄養士の求人を探す

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国54,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。