総合トップ 情報かる・ける > 職種・資格について > 臨床工学技士 > 臨床工学技士の仕事内容とは?勤務先別に働き方を紹介
情報 かる・ける

臨床工学技士の仕事内容とは?勤務先別に働き方を紹介

臨床工学技士は医療現場に欠かせない医療機器を扱うエキスパートです。

この記事では臨床工学技士の仕事内容や役割、実際にどのような機器を扱うのかなどを詳しく解説します。
臨床工学技士の仕事が気になっている方はぜひご覧ください。

臨床工学技士の求人を探す

臨床工学技士の仕事内容や役割とは?

臨床工学技士の仕事内容や役割とは?

臨床工学技士は、生命維持装置などの医療機器を操作するエキスパート(専門家)です。
医師や看護師などの医療チームにおいて医療機器の操作を担当し、いつでも安心して使えるように保守・点検を行うのがその役割です。

臨床工学技士がどのような仕事をし、どのような器具を扱うのか。具体的にみていきましょう。

臨床工学技士の仕事内容

臨床工学士の主な仕事内容は以下のとおりです。

  • 呼吸治療業務
  • 人工心肺業務
  • 血液浄化業務
  • 手術室業務
  • 集中治療業務
  • 心血管カテーテル業務
  • 高気圧酸素業務
  • ペースメーカ/ICD業務
  • 医療機器管理業務

主な業務は人工呼吸器や人工心肺(心臓や肺の代わりになる装置)の装着、メンテナンスです。
そのほかにも、人工透析の操作を行ったり、酸素療法の装置を扱ったりします。

医療機器をいつでも安全に使えるようにするための点検やメンテナンスも重要な仕事です。

臨床工学技士の役割

臨床工学技士の役割は、医療機器の操作と保守・点検です。
医療の進歩にともなって医療機器が高度化しており、医師や看護師では操作が難しいケースもあります。

そこで活躍するのが臨床工学技士です。臨床工学技師は扱いの難しい医療機器の操作を担い、医療チームの一員として安全でスムーズに治療が行えるようにサポートします

臨床工学技士と看護師の違い

臨床工学技士と看護師は医師の指示の下で治療に携わる点は共通しています。
しかし、それぞれ資格は異なり、仕事内容は違います。

臨床工学技士は医療機器に特化した専門職
です。 主な仕事は生命維持装置など医療機器の操作と保守・点検であり、医療機器を使った治療を専門に行います。

それに対し、看護師はバイタルのチェックや病棟巡回、注射や点滴、入浴介助など、医師の治療のサポートと患者さんの身の回りのお世話を担います。

臨床工学技士のチーム医療

チーム医療において臨床工学技士がどのように動くかは、働く病院や担当業務によって異なります

例えば、急性期病院に勤務する臨床工学技士は常に手術に対応できるよう交代制勤務となっていたりします。
手術では医師の指示のもと医療機器を操作しますが、操作ミスは患者さんの命に関わるため、長時間緊張を強いられます。

それに対し、医療機器の保守・点検が中心の職場もあります。
ミスは許されませんが、一刻一秒を争う業務ではないため、決められた勤務時間内で働き、ワークライフバランスをとりやすいといえます。

働く病院や担当する業務によって仕事内容や勤務体制が変わることは知っておきましょう。

【職場別】臨床工学技士の業務内容とは

【職場別】臨床工学技士の業務内容とは

臨床工学技士の業務内容といっても職場によって業務内容はかなり異なります
臨床工学技士の主な職場は次の3つです。

  • 病院
  • 透析クリニック
  • 医療機器メーカー

具体的にどのような業務内容なのかみていきましょう。

病院の業務内容

病院での臨床工学技士の主な業務内容は以下です。

  • 呼吸治療業務
  • 人工心肺業務
  • 血液浄化業務
  • 手術室業務
  • 集中治療業務
  • 心血管カテーテル業務
  • 高気圧酸素業務
  • ペースメーカ/ICD業務
  • 医療機器管理業務

臨床工学技士が行うすべての業務が含まれると考えておけば問題ありません。
しかし、病院には大学病院・総合病院、循環器専門病院、筋疾患・神経疾患の専門病院など細かく分かれており、病院によって業務内容にも違いがあります

例えば大学病院・総合病院の業務内容は上記9つの業務をすべて行いますが、循環器専門病院では手術室業務、集中治療業務、医療機器管理業務が主な業務です。
筋疾患・神経疾患の専門病院であれば呼吸治療業務と医療機器管理業務がメインです。

どのような業務を行うかは病院や担当業務によって異なります。
就職活動の際はその点をふまえて、自分に合った病院を探すと良いでしょう。

透析クリニックの業務内容

透析クリニックの業務内容は以下になります。

  • 血液浄化業務
  • 医療機器管理業務

透析クリニックは、臨床工学技士の主要業務の一つである血液透析を専門に行うクリニックです。
透析クリニックでは、ダイアライザーという人工腎臓を使って老廃物や余計な水分を取り除くのが主な仕事です。

透析業務には、血液浄化業務のほか、使用する機器を正常に保つための医療機器管理業務も含まれます。

詳しく臨床工学技士の透析業務について知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

>>臨床工学技士の透析の業務とは?透析室の仕事内容やクリニックについて

医療機器メーカーの業務内容

医療機器メーカーで働く臨床検査技師の業務内容は次のとおりです。

  • 医療機器の営業サポート
  • 医療機器導入後のクライアントへのサポート
  • 研修などでの操作説明

病院勤務や透析クリニックでの仕事は実際に自分が医療機器を使いますが、医療機器メーカーで働く臨床工学技士の仕事は医療機器の販売です。
実際に医療機器を扱える臨床工学技士は、単にデータと知識だけしか知らない営業よりも専門性の高いプレゼンテーションや実演が行え、販売につながりやすいといえます。

また、医療機器を販売した後も、クライアントが扱えるようになるまで操作のサポートができるのも大きな強みです。

臨床工学技士の年収がどれくらいなのか知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

>>臨床工学技士の平均年収は?他職種との年収を比較

臨床工学技士の求人を探す

臨床工学技士が扱う医療機器

臨床工学技士が扱う医療機器

臨床工学技士が扱う主な医療機器は以下の4つです。

  • 人工呼吸器
  • 体外循環装置
  • 人工透析装置
  • ペースメーカー

具体的にどのような場合に使われるのか、解説しましょう。

人工呼吸器

人工呼吸器は自分で呼吸ができなくなってしまった人の呼吸を補助する機器です。
100%呼吸を助ける装置から呼吸の一部を補助する装置まで、病気の具合によって人工呼吸器を使い分けます。

人工呼吸器を患者さんに装着後は呼吸管理や合併症の予防などに注意しなければなりません。
医師や看護師と連携を取りながら、人工呼吸器を外せるように治療を行うのが臨床工学技士の主な業務です。

体外循環装置

体外循環装置とは心臓や肺に代わる働きをする装置で、人工心肺装置とも呼ばれます。
人の身体は常に血液と酸素が循環しています。病気や怪我によって循環できなくなってしまった場合、正常な血液と酸素循環を維持し、血圧や体温を調節するのが体外循環装置をです。

体外循環装置は多いときに数十台もの機器を同時に使うので、操作と管理は複雑になります。
それを担うのが臨床工学技士の仕事です。

人工透析装置

人工透析装置は体の中の老廃物や不要な水分を取り除いて正常な血液や尿を作るための装置です。

正常な腎臓は尿を作り出して体内に不用な老廃物や水分を排泄します。
しかし、病気などで腎臓の機能が低下した場合、本来排泄されなければいけない老廃物や水分が体内に溜まってしまいます。

腎臓の代わりとして人工的に血液の浄化を行い、溜まってしまった老廃物や水分を取り除くのが人工透析装置の役割です。

透析には血液透析と腹膜透析があり、透析方法が異なるので、患者さんの状態に合わせて使い分けます。

ペースメーカー

ペースメーカーは心臓の機能が低下した患者さんの治療に用いられる医療機器です。
身体の中に埋め込まれたペースメーカーは心臓のリズムが狂ったときに電気信号を送り、正常な状態に戻します

臨床工学技士は、ペースメーカーを体に埋め込む手術などで、ペースメーカーを操作することがあります。

臨床工学技士の働き方

臨床工学技士の働き方

高度な医療機器を扱う専門職であり、雇用形態を問わず、医療機関から一定の需要があります。
2020年度の有効求人倍率は1.26倍 で、1倍を上回っています。

ここでは雇用形態によって働き方がどのように変わるのか解説します。

正職員・正社員

フルタイムで働く正職員・正社員の場合、基本的に一つの病院もしくは企業で働くことになります。

業務内容は働き先の病院や企業によって異なり、複数の業務を並行して行ったり、ローテーションで異なる業務を担当したりします。

毎月安定した収入が得られる点や福利厚生が充実している点はメリットです。
平均年収は607万円と高い水準です。

病院勤務の場合、夜勤や当直、突然の呼び出しに対応しなければならないのは大変な点といえるでしょう。

業務内容や勤務体系は勤務先によって異なります。
求人に応募する際はどのような働き方になるのか、事前によく確認しておきましょう。

パート・アルバイト・契約社員

臨床工学技士はパート・アルバイト・契約社員としての働き方もあります。

時間給で働くので、時間の融通が利きやすいのがメリットです。
小さな子供がいて育児をしながら働きたいという方におすすめです。

デメリットとしては時間給で収入が安定しにくかったり、場合によっては正社員と同じような福利厚生が 受けられなかったりする点が挙げられます。

臨床工学技士の仕事内容を知って将来へのビジョンを明確に持とう

臨床工学技士は医療機器のエキスパートであり、高度化する医療現場において欠かせない仕事です。
仕事内容や働き方を知り、将来へのビジョンを明確にしたうえで臨床工学技士をめざしましょう。

臨床工学技士の求人を探す

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国37,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。   https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。