総合トップ 情報かる・ける > 仕事知るトク情報 > チーム医療の重要性は?メリットやデメリットなども詳しく解説
情報 かる・ける

チーム医療の重要性は?メリットやデメリットなども詳しく解説

近年、チーム医療の重要性が取り上げられることが増えてきています。
チーム医療とは、一人の患者さんの治療に、専門性の異なる複数の医療職が連携して取り組むことです。

本記事では、チーム医療の重要性について解説したうえで、メリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

チーム医療の重要性とは?

チーム医療の重要性とは?

近年になってチーム医療が重要視されるようになった主な背景は、医療の高度化と社会の高齢化です。

医療は日々高度化し、患者さんに対して提供される治療やケアの質は高まり続けています。
しかしその一方で、医療現場に求められる知識や技術も膨大なものとなり、特定の職種が全体像を把握することは難しくなりました。

加えて、社会の高齢化が進んでいることで、病院の中だけではなく、介護現場、福祉現場との連携も重要度を増しています。

これらの背景のなかでも、患者さんそれぞれの希望や状況に合わせた医療を提供するために、さまざまな医療職が、それぞれの専門性を活かす形で役割分担をするチーム医療の重要性が増しているのです。

チーム医療のメリット3つ

チーム医療の主なメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

  • 医療の質や患者さんのQOLが上がる
  • 各職種の負担が軽減される
  • より安全な治療が行える

それぞれ見ていきましょう。

医療の質や患者さんのQOLが上がる

チーム医療のメリットの一つが、医療の質の向上です。
医療チームには医師や看護師だけではなく、薬剤師、リハビリ職、管理栄養士など、さまざまな専門家が参加し、多角的な視点から必要な治療やケアが提案されます。
そのため、作成される治療計画も患者さんにとってより良いものになりやすく、QOLの向上にも期待できるでしょう。

各職種の負担が軽減される

チーム医療は、各職種の負担が軽減されるメリットもあります。

医療チームには複数の専門家が集まっているため、それぞれが自分の専門領域にのみ専念でき、治療を効率的に行うことが可能です。
1つの職種で包括的なケアを考える必要もないため、従来と比べて負担も少なく済みます。

より安全な治療が行える

チーム医療によって、安全性の向上を図ることもできます。

チーム医療では、治療やケアの方法に間違いがないかを、相互にチェックしながら進められていきます。
そのため、意思決定を一人で行う体制に比べて医療ミスが起こりにくく、患者さんも安心して治療やケアを受けることが可能です。

チーム医療のデメリット

チーム医療のデメリット

さまざまなメリットのあるチーム医療ですが、以下のような注意点やデメリットもあります。

  • コミュニケーションが取れないと失敗する
  • チーム医療に関する教育の不足

順番に解説していきます。

コミュニケーションが取れないと失敗する

チーム医療は、適切にコミュニケーションを取れなければうまく機能しません。

チーム医療に参加する医療職は、それぞれ専門領域が異なります。
専門性が異なれば、職種によって持っている知識や使用する用語も異なるため、この相違点を意識しておかないと、連携や情報共有に齟齬が生まれてきます。

例えば、医師同士、看護師同士など、同じ職種同士では通じていたコミュニケーションが、リハビリ職や管理栄養士を交えると通じなくなってしまうといったケースもあるでしょう。

チーム医療のメリットを最大限に活かすためには、お互いの立場を尊重したコミュニケーションが大切です。

チーム医療に関する教育の不足

チーム医療に関する教育が不足しがちな点もデメリットの一つです。

各職種同士でお互いの技量を把握し切れていないといった問題や、職業に就く前のトレーニング期間にも差異があるため必要な知識やスキルが統一されづらいなどの問題が起きがちです。
また、教育スタッフも実際の医療現場を理解しておらず、現場の実態と教育内容がかけ離れていたり、別の編成でチームを組んだ際に上手くいかなかったりといったケースも少なくありません。

チーム医療の重要性を理解して専門性を磨こう

チーム医療とは、専門性の異なる複数の医療職が、連携して治療やケアにあたることです。
専門性の異なる専門家が集まり、それぞれの専門分野に特化した役割分担を行うことで、医療の高度化や社会の高齢化が進んだ現代においても、質が高く安全な医療を提供することが可能です。

一方、チーム医療の現場においては、スタッフそれぞれが、自身の専門性を自ら高めようとする姿勢が欠かせません。
日頃から自己研鑽に努めて、自分の専門性を高めておくことが大切です。

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国61,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。