総合トップ 情報かる・ける職種・資格について正看護師/准看護師看護師の平均初任給はいくら?手取り・項目別に1年目の給料を紹介
情報 かる・ける

看護師の平均初任給はいくら?手取り・項目別に1年目の給料を紹介

看護師の初任給はどれくらいもらえるのか、気になる方も多いのではないでしょうか。
看護師として初めての給料を、待ち遠しく感じている方もいるでしょう。

今回の記事では、看護師の初任給について実際の統計データをもとにしながら紹介します。
他の職種との給料の違いも紹介していきますので、これから看護師として活躍される予定の方は参考にしてみてください。

正看護師/准看護師の求人を探す

看護師の初任給はどれくらい?

看護師の初任給はどれくらい?

まずは看護師全体の初任給から紹介していきます。
病院から支払われる給料は、すべてご自身の口座に振り込まれるわけではありません。
所得税や社会保険料などが差し引かれたあとの手取り額が、実際に受け取れる給料であることを念頭に置いておきましょう。

初任給は平均26〜27万円

全国の病院を対象に日本看護協会が実施した「2022年病院看護・外来看護実態調査」によると、新卒看護師の初任給は手当を含み平均26〜27万円でした。

  高卒+3年課程新卒 大卒
平均基本給与額※1 203,276円 209,616円
平均税込給与総額※2 263,711円 271,730円

※1:基本給与額とは、毎月決まって支給される給与のベースとなる額
※2:税込給与総額とは、通勤手当・住宅手当・家族手当などの手当等を含んだ額

学歴による初任給の差が見られ、専門学校卒に比べると、大卒のほうがやや高めです。
毎月の給与総額で8,019円の違いがあります。

初任給の手取り額は16~17万円

看護師の初任給の手取り額は、16〜17万円です。
先述した看護師の初任給である26〜27万円と差がある理由として、税金や保険料の天引きがあることと、夜勤がないことが関係します。

初任給からは所得税や健康保険料、年金保険料などが差し引かれるため、手取り額は、一般的に初任給の8割程度になると言われています。
よって、初任給の平均である26〜27万円の8割を計算すると21〜22万円になるはずです。

加えて、新卒看護師は4月時点で夜勤をしていないことが多く、また仮に夜勤をしていてもその分の夜勤手当は通常次の月に支払われます。
初任給に夜勤手当が含まれることはあまりないと考えられるため、看護師の初任給の手取り額は21〜22万円から夜勤手当の分を引いた16〜17万円と推定されます。

なお、看護師2年目の6月からは住民税も引かれるため、夜勤を担当しなければ初年度より手取り額が少なくなる可能性もあるでしょう。

初任給は満額でないこともある

初任給は満額支給されないこともあります。
勤務先によって給料の締め日が異なり、「満額支給されるケース」と「満額支給されないケース」に分かれます。

例えば、給料の締め日が15日、支払日が25日に設定されている場合、3月16日〜4月15日までの給料が25日に支払われる仕組みです。
4月に入職した看護師は、4月1日〜4月15日分の給料が対象となるため、半月分の給料しか支払われません。
したがって、初任給は通常より低くなる可能性があるでしょう。

1年目の年収の手取り額は約250万円

厚生労働省が発表している「令和4年賃金構造基本統計調査」を参考にすると、看護師1年目の年収の総支給額は約314万円でした。
なお、手取り額は年収の8割程度であるため、約250万円となります。

内訳としては、以下のとおりです。

看護師1年目の基本給:253,800円
ボーナス:93,100円
総支給額:253,800円×12ヵ月+93,100円=約314万円
手取り額:314万円×0.8=約250万円

注意点として、今回紹介した年収の総支給額には、残業代や夜勤手当などは含まれていません。
1回の夜勤手当が1万円の職場で月に4回夜勤をすれば、年間約50万円もの夜勤手当が加算されます。
そのため、実際には今回紹介した年収や手取り額より、もう少し高い水準になると想定されます。

看護師のボーナスについては、こちらの記事でより詳細に紹介していますので、参考にしてみてください。

正看護師/准看護師の求人を探す

【項目別】看護師の初任給

看護師の初任給は、勤務先の規模や地域などによっても異なります。
今回は、以下の項目別に看護師の初任給を比較していきましょう。

  • 設置主体別
  • 病床規模別
  • 地域別
  • 医療職別

【設置主体別】看護師の初任給

看護師の初任給は、職場の設置主体によって、統計的に多少の違いがあります。
下記に日本看護協会の調査による「設置主体別の初任給」を、高卒+3年課程、大卒に分けてご紹介します。

高卒+3年課程 大卒
平均基本給与額※1 平均税込給与総額※2 平均基本給与額※1 平均税込給与総額※2
全体平均 203,276円 263,711円 209,616円 271,730円
国立 201,091円 263,759円 210,693円 276,835円
公立 208,279円 259,721円 216,651円 270,022円
日本赤十字社 215,847円 258,355円 222,222円 268,190円
済生会 208,826円 267,947円 216,837円 277,453円
厚生連 200,725円 249,262円 207,738円 260,236円
その他公的医療機関 206,343円 256,688円 213,395円 267,425円
社会保険関係団体 216,178円 269,905円 225,702 円 279,711円
公益法人 199,160円 263,468円 204,126円 271,090円
私立学校法人 207,836円 273,771円 214,934円 282,250円
医療法人 200,876円 263,655円 206,041円 270,134円
社会福祉法人 200,399円 270,350円 206,059円 277,57円
医療生協 202,460円 253,608円 205,181円 259,098円
会社 206,836円 254,555円 220,083 円 274,139円
その他の法人 207,435円 278,136円 213,486円 285,692円
個人 201,550 円 275,230円 204,088円 278,971円

※1:基本給与額とは、毎月決まって支給される給与のベースとなる額
※2:税込給与総額とは、通勤手当・住宅手当・家族手当などの手当等を含んだ額

初任給の高い順に、「高卒+3年課程」では個人・私立学校法人・社会福祉法人、「大卒」では私立学校法人・社会保険関係団体・個人という結果となりました。(その他の法人を除く)

【病床規模別】看護師の初任給

働く病院の病床規模によっても新卒看護師の初任給に違いが見られます。
日本看護協会が発表した「病床規模別の初任給」を見てみましょう。

高卒+3年課程 大卒
平均基本給与額※1 平均税込給与総額※2 平均基本給与額※1 平均税込給与総額※2
全体平均 203,276円 263,711円 209,616円 271,730円
99 床以下 199,163円 260,559円 205,006円 267,500円
100~199 床 201,511円 261,954円 207,448円 269,253円
200~299 床 204,568 円 263,585円 210,346 円 270,810円
300~399 床 207,961円 268,330円 215,102円 278,238円
400~499 床 206,565円 270,566円 213,532円 279,854円
500 床以上 210,231円 267,805円 217,621円 278,167円

※1:基本給与額とは、毎月決まって支給される給与のベースとなる額
※2:税込給与総額とは、通勤手当・住宅手当・家族手当などの手当等を含んだ額

99床以下の小規模病院と500床以上の大規模病院を比較すると、新卒看護師の初任給に7,000円~1万円以上の差が見られました。
おおむね病院の病床規模が大きくなるほど、初任給は高くなっています。

【地域別】看護師の初任給

日本国内には給与水準の地域間格差があります。
例えば、東京都の給与平均375.5千円は、青森県の給与平均247.6千円の1.5倍以上です。
看護師の場合も同様で、働く地域によって初任給に差があります。
高卒+3年課程と大卒にわけて、それぞれ初任給の上位10県をまとめました。

■高卒+3年課程

平均基本給与額※1 平均税込給与総額※2
全体平均 203,276円 全体平均 263,711円
1.滋賀県 213,161円 1.千葉県 290,594円
2.神奈川県 212,087円 2.東京都 289,206円
3.埼玉県 211,777円 3.静岡県 282,251円
4.東京都 210,441円 4.埼玉県 279,055円
5.千葉県 210,190円 5.愛知県 277,838円
6.京都府 210,093円 6.神奈川県 277,472円
7.兵庫県 209,877円 7.大阪府 275,966円
8.大阪府 209,161円 8.滋賀県 273,439円
9.奈良県 208,628円 9.奈良県 273,170円
10.長野県 208,359円 10.山梨県 272,058円

※1:基本給与額とは、毎月決まって支給される給与のベースとなる額
※2:税込給与総額とは、通勤手当・住宅手当・家族手当などの手当等を含んだ額

■大卒

平均基本給与額※1 平均税込給与総額※2
全体平均 209,616円 全体平均 271,730円
1.滋賀県 219,483円 1.千葉県 296,882円
2.神奈川県 218,317円 2.東京都 296,445円
3.埼玉県 217,235円 3.静岡県 288,635円
4.愛知県 217,068円 4.埼玉県 286,930円
5.千葉県 216,767円 5.神奈川県 286,159円
6.奈良県 216,624円 6.愛知県 285,369円
7.東京都 216,107円 7.奈良県 284,627円
8.兵庫県 215,964円 8.大阪府 282,787円
9.静岡県 215,783円 9.京都府 280,869円
10.長野県 214,901円 10.兵庫県 278,799円

※1:基本給与額とは、毎月決まって支給される給与のベースとなる額
※2:税込給与総額とは、通勤手当・住宅手当・家族手当などの手当等を含んだ額

高卒+3年課程と大卒どちらにも共通しているのは、基本給と総支給額では順位が異なることです。
例えば、大卒の基本給1位は滋賀県ですが、総支給額の1位は千葉県となり、滋賀県は順位のランク外です。
順位が変わる要因としては、手当の種類や額の多さ、残業の多さが考えられます。

このことから、職場を選ぶ際は基本給だけでなく、どのような手当があるのか、その額はいくらか、残業はどれくらいあるのかも確認できると良いでしょう。

【他の医療職と比較】看護師の初任給

看護師の初任給は、他の職業の初任給に比べて高い水準にあります。
下記に、厚生労働省の「令和4年賃金構造基本統計調査」で報告されている新卒の学歴別給与をまとめました。

職種 初任給(基本給)
全職種平均 24.7万円
看護師 25.4万円
准看護師 22万円
医師 42.6万円
歯科医師 31.6万円
薬剤師 32.3万円
保健師 25.9万円
助産師 24.8万円

他の医療職と比較すると看護師は下から3番目ですが、全職種の平均と比較すると7,000円程度高い結果となりました。
また、この額は基本給であり、夜勤手当や残業手当といった各種手当が含まれていない点を考慮すると、もう少し高い水準になると考えられます。

このことから、看護師の初任給は全職種のなかでも高い水準にあるといえるでしょう。

看護師の初任給は職場や地域で異なるが高い水準にある

新卒看護師の初任給の額は、働く職場の病床規模や地域によって差があります。
しかし、全職種の平均に比べれば高い水準にあることがわかります。

看護師として働くうえで高い給料を求めるのであれば、病院選びが大切です。
手当・勤務形態・継続して働ける職場なのかといった情報もチェックしたうえで、職場を選びましょう。

看護師全体の年収・給料に関しては以下の記事で詳しく解説しています。

正看護師/准看護師の求人を探す

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国61,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://x.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。