総合トップ 情報かる・ける > 職種・資格について > 生活相談員 > 生活相談員の仕事とは?役割・なる方法を解説
情報 かる・ける

生活相談員の仕事とは?役割・なる方法を解説

介護施設には、介護士をはじめさまざまな職種があります。
そのなかで、生活相談員と呼ばれる職種があるのをご存じでしょうか。

この記事では、生活相談員の仕事内容や、なり方を解説しています。
また、収入や求人条件などの労働条件や、混同しやすいケアマネジャーとの違いにも触れているので、ぜひ参考にしてください。

生活相談員の求人を探す

生活相談員とは?仕事内容・役割を解説

生活相談員とは?仕事内容・役割を解説

生活相談員は、施設の利用者さんが、快適かつ自立した日常生活を送れるよう、相談への対応や連絡調整などをするのが役割です。
特別養護老人ホーム・ショートステイ・デイサービスなどの老人福祉施設に勤務しています。

生活相談員のおもな仕事内容や、ケアマネジャーとの違いなどを詳しく見ていきましょう。

おもな仕事内容

生活相談員の仕事内容には以下のようなものがあります。

  • 利用者さんへ施設やサービスなどの説明をしたり、相談に応じたり、問題が生じた場合には解決に向けた対応策を検討する。
  • 状況に合わせ、主治医やケアマネジャー(介護支援専門員)と連絡調整を行う。
  • 地域の保健・行政機関や医療施設などと連携し、支援策を検討する。

いずれも、利用者さんやそのご家族と施設、医療機関、行政機関の間に入って行う業務です。

生活相談員に必要なスキルを知りたい方は以下の記事を参照してください。

生活相談員の仕事で、大変なことや難しいことなどを知りたい方は、以下の記事を参照してください。

生活相談員とケアマネジャーは違う

生活相談員は、ケアマネジャーと混同されやすいですが、役割は異なります。

ケアマネジャーは、介護サービスを利用する方へ支援計画書(ケアプラン)を作成するのがおもな仕事です。
計画書を作成するうえで、利用者さんやそのご家族の要望を満たすために聞き込みをします。

一方で、上記で紹介した仕事内容のように生活相談員の活躍の場は幅広く、さまざまな場面で施設やケアマネジャーとの間に入ります。

生活相談員とケアマネジャーの違いについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参照ください。

生活相談員には資格が必要?

生活相談員には資格が必要?

生活相談員は職種であり、資格は存在しません。
生活相談員になるためには、以下の要件のうち1つ以上を満たす必要があります。

  1. 社会福祉士
  2. 精神保健福祉士
  3. 社会福祉主事任用資格
  4. 上記と同等以上の能力を有すると認められる者

なお、4の要件により各自治体によって異なるため、確認が必要です。
いくつか自治体の例を抜粋しましたので、見ていきましょう。

自治体によって違いがある

生活相談員の採用基準は、各自治体によりさまざまです。
一般的には前述したとおり、社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格のいずれかですが、介護福祉士や介護支援専門員の資格を有している者も対象となる場合もあります。

社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格の他に対象となる要件があります。
ここでは、東京都、千葉県、群馬県の3つの自治体を例にあげて見ていきましょう。

東京都の場合

  • 介護支援専門員
  • 老人福祉施設の施設長経験者
  • 特別養護老人ホームなどの指定された施設で「介護の提供に係る計画の作成の経験」が1年以上
  • 特別養護老人ホームなどの指定された施設で「介護に関する実務経験」が1年以上で、介護福祉士の資格がある者

千葉県の場合

  • 介護支援専門員
  • 介護福祉士

群馬県の場合

  • 介護福祉士
  • 指定居宅介護支援事業所で介護支援専門員としての経験が2年以上
  • 社会福祉施設等で介護または相談経験が2年以上

生活相談員は資格なしでもめざせるのか気になる方は、この記事を参照してください。

生活相談員の求人を探す

生活相談員の労働条件

生活相談員の労働条件を、給料と、求人状況の面からそれぞれ解説します。

給料

2021年の介護従事者の平均月給額を表にまとめました。

生活相談員・支援相談員 338,370円
介護職員 316,610円
事務職員 301,940円
ケアマネジャー 353,560円

参考:令和3年度介護従事者処遇状況等調査結果 厚生労働省老健局老人保健課

ケアマネジャーより若干低いものの、社会福祉士などの資格者が従事するため、介護職員や事務職員よりも給料は高くなっています。

介護職員や事務職員で働いている方のキャリアアップとして検討するのも良いかもしれません。

生活相談員の年収や処遇改善が気になる方は、以下の記事を参照してください。

求人状況

2021年度のハローワーク求人統計データによると、生活相談員の全国の有効求人倍率は3.6倍です。
老人福祉施設の規模にもよりますが、生活相談員は最低一人以上の配置が義務付けられているため、全国どこでも働けます。
欠員補充などの中途採用は頻繁に行われており、入職の機会は多い傾向です。

ただし、規模が小さい施設などは介護職と兼務しているところもあるので、専任で働きたい方は採用時に確認しましょう。

生活相談員になるのが初めての方へ向けて、必要な知識や大切なことを下記記事で解説しているので、参考にしてください。

生活相談員の仕事内容・なる方法を理解してめざしてみよう

生活相談員のおもな仕事は、利用者さんやご家族と施設、行政機関などの間に入り、説明や相談に応じることです。
生活相談員という名前の資格はありませんが、従事するためには要件を満たす必要があります。

また、要件は自治体によって違いがあるので、事前に確認しましょう。
給料も介護職のなかでは高いほうで、求人倍率も高く就職口は多くあります。
労働条件が自分に合っているか確認して、生活相談員をめざしてみてください。

生活相談員の求人を探す

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国61,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://twitter.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。