総合トップ 情報かる・ける歯科衛生士歯科衛生士の仕事内容とは?主な仕事や業務領域をわかりやすく解説
情報 かる・ける

歯科衛生士の仕事内容とは?主な仕事や業務領域をわかりやすく解説

この記事の監修者
Naomi
Naomi
プロフィール
歯科医師 Naomi
歯科医師国家試験合格後、歯科医師臨床研修終了。
都内審美歯科医院や小児歯科医院勤務。
現在は歯科医師、歯科WEBライター・編集

「歯科衛生士って何をするの?」
「歯科衛生士ができる仕事の範囲はどこまで?」
歯科衛生士の仕事内容について、上記のような疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

本記事では、歯科衛生士の仕事内容を解説していきます。
歯科衛生士をめざしている方や、将来の進路として検討している方は、ぜひ参考にしてください。

歯科衛生士の求人を探す

歯科衛生士の仕事内容:3大業務

歯科衛生士の主な仕事内容は、歯科衛生士法第2条によって、以下の3つが定められています。

  • 歯科診療補助
  • 歯科予防処置
  • 歯科保健指導

順に解説します。

歯科診療補助

歯科診療補助とは、歯科医師の指示のもと、診療の補助を行うことです。
補助の内容は、歯や歯茎の汚れを除去、器具の消毒、問診など、多岐にわたります。
また、患者さんのなかには歯科治療への不安がある方も少なくありません。
そのため、コミュニケーションを通して患者さんを安心させるスキルも求められます。

歯科衛生士は、歯科医師の指示さえあれば、すべての処置ができるわけではありません。
歯科で行われる医療行為には「相対的歯科医行為」と「絶対的歯科医行為」があります。

歯科医師の監視下で歯科衛生士が行えるのは、診療補助としての相対的歯科医行為に限られます。
絶対的歯科医行為は、歯科医師にのみ認められており、歯科衛生士は行えません。


■相対的歯科医行為:歯科衛生士が「行える」業務

  • 表面麻酔の塗布
  • 歯石除去
  • 差し歯、仮歯の装着、調整
  • 歯周組織検査
  • ホワイトニングの施術、指導 など

■絶対的歯科医行為:歯科衛生士が「行えない」業務

  • レントゲン撮影
  • 注射麻酔
  • 抜歯
  • むし歯治療
  • 歯ぐきの切開や除去
  • インレー、クラウンの装着 など

歯科予防処置

歯を失う原因のおおよそ7割が、むし歯と歯周病の二大疾患であるといわれています。
歯科予防処置とは、その二大歯科疾患を予防するための処置です。

具体的には、定期的な検診、歯垢や歯石の除去、フッ素塗布などが挙げられます。

簡単に説明すると、以下のとおりです。

  • 定期的な検診 :患者さんの状態に合わせてむし歯の有無などを チェック
  • 歯垢や歯石の除去:専門的な機械を使用したクリーニング
  • フッ素塗布:むし歯予防のために歯面にフッ素を塗布

繰り返しになりますが、歯を失う原因の多くは、むし歯と歯周病です。
そのため、歯科予防処置は、患者さんの口腔内の健康を守るために重要度が高い業務です。

歯科保健指導

歯科保健指導とは、正しい歯磨きの方法や食生活など、日々の生活習慣について患者さんに指導することです。

むし歯や歯周病はいずれも生活習慣病であり、予防するためには患者さん自身が正しい生活習慣を身につけることが欠かせません。
歯科衛生士は、年齢や歯の状態、理解力も異なる患者さん一人ひとりに対して、最適なケア方法を考え、わかりやすく伝える必要があります。

歯科衛生士の仕事内容:その他

歯科衛生士の仕事は、すでに述べた3大業務だけではありません。
その他の歯科衛生士の仕事として、口腔機能訓練とホワイトニングについて解説します。

口腔機能訓練

口腔機能訓練も、歯科衛生士の業務の一つです。
口腔機能訓練とは、咀嚼機能や嚥下機能が衰えている患者さんを対象に、これらの機能を向上、維持するための訓練を指します。

口腔機能訓練の具体的な例は、嚥下体操や口腔周囲筋ストレッチなどです。

ホワイトニング

歯科衛生士は、近年注目を浴びているホワイトニングの施術も行います。
歯科医院で施術するオフィスホワイトニングはもちろんのこと、患者さんが自宅で行うホームホワイトニングの指導をすることもあります。

日本歯科審美学会認定のホワイトニングコーディネーターという資格があり、ホワイトニングのスペシャリストとして専門性を高めたい方は、取得を検討してみても良いでしょう。

歯科衛生士の仕事内容:就職先別

歯科衛生士の仕事は、勤務先によって異なる場合があります。
ここでは、就職先別の主となる仕事内容を解説します。

歯科医院

歯科医院での歯科衛生士の仕事は、器具の消毒といった歯科診療補助や、歯垢や歯石の除去などの歯科予防処置です。

歯科診療補助だけでなく、患者さんに正しい歯磨きの方法や食生活などを指導する歯科保健指導も行うため、コミュニケーションスキルも重要となります。
最近では、歯科衛生士が働きやすいように専門ユニットを取り入れるケースもあります。

小児歯科

小児歯科での歯科衛生士の仕事内容は、歯科医師の診療補助や口腔内のケアなどです。
歯科医師と一緒に治療計画を立てて、口腔衛生管理に関する指導を行います。
大人に比べて予防に関する仕事が多いため、歯科衛生士が主体的に活躍できます。

子どもの気持ちや体力を見ながら、負担をかけないような対応が重要です。
さらに、子どもだけでなく保護者とのコミュニケーションも欠かせません。

病院

病院で働く歯科衛生士は、患者さんに対する歯科診療補助や予防処置、保健指導などを行う機会が多い傾向です。
歯科医師や看護師などの専門家とチーム医療を組んで、入院している患者さんの口腔ケアを担当することもあります。

口腔衛生の専門家として、患者さんの健康状態を確認しながら対応する立場です。
設備が整った環境で働けるうえ、勉強会や研修が積極的に行われるため、意欲的な人に向いています。

介護施設

歯科衛生士は、歯科医院や小児歯科といった医療機関だけでなく、介護老人保健施設や介護医療院などの介護施設でも働いています。
なぜなら、食べ物を噛み砕いたり、飲み込んだりする力は加齢とともに衰えてくるため、高齢者の口腔ケアや咀嚼などの訓練や指導にニーズがあるからです。

日常的な口腔ケアは介護士が行うこともありますが、専門的なところは歯科衛生士が担当する場合もあります。

保健センター・保健所

歯科衛生士は、自治体が運営する保健センターや保健所で働くこともあります。
住民の健康を守るために、幼少期から高齢期まで幅広い年齢層の方に対して、歯科検診や歯の健康に関する指導を行うためです。
医師や社会福祉士など、医療や健康の専門家と連携する機会も多くあります。

企業

歯科衛生士の知識や経験を活かして、歯科医療機器や歯科材料などを販売する企業に就職するケースもあります。
病院や歯科医院などに対する営業や、歯ブラシといった予防歯科商品の開発、予防歯科に関する研修やセミナーの実施など、さまざまな仕事があります。

歯科衛生士の求人を探す

歯科衛生士の仕事内容について知っておきたいこと

歯科衛生士の仕事内容で知っておきたいのは、どのようなことでしょうか。
ここでは、知っておきたいことを解説します。

歯科衛生士と歯科助手の業務内容の違い

歯科衛生士と歯科助手の業務内容の違いは、以下のとおりです。

  歯科衛生士 歯科助手
資格 歯科衛生士資格(国家試験) 必須の資格はなし(民間資格があるが、必須ではない)
資格の取得方法 歯科衛生士養成機関を卒業し国家試験に合格する 資格不要(民間資格については、各資格ごとに異なる)
養成所(学校) 歯科衛生士養成機関 なし
歯科医療業務 歯科診療補助
歯科予防処置
歯科保健指導
歯科医行為はできない
業務内容 歯科診療補助
歯科予防処置
歯科保健指導
受付
事務
掃除・片付け
機材の準備など

歯科衛生士と歯科助手の業務内容の大きな違いは、資格の必要性と、医療業務の可否です。

歯科助手になるために、必須の資格はありません。
ただし日本歯科医師会が認定する歯科助手資格認定制度や、日本医療教育財団が認定する歯科助手技能認定など、スキルを証明する民間資格はいくつか存在します。
歯科助手としてキャリアアップを図りたい際には、取得を検討すると良いでしょう。

また、歯科助手は医療行為は一切できないことを理解しておきましょう。

歯科衛生士の仕事内容で「きつい」といわれること

歯科衛生士の仕事内容で「きつい」といわれる理由は、以下のようなことが挙げられます。

  • 業務の範囲が広い:業務範囲が広いため、治療に使用する機器や薬品の名前を正確に覚えなければならない
  • 人間関係に苦労しやすい:すでにできあがっている人間関係のなかでチームプレーを求められる
  • 体力が必要:立ち仕事が多いだけでなく、歯科医師の補助を行う際に椅子の高さに合わせてかがむため、腰に負担がかかる
  • 患者さんとのコミュニケーションが難しい:大人の患者さんに対して充分な説明をするだけでなく、子どもの患者さんとの接し方を工夫しなければならない

歯科衛生士の仕事のやりがいや魅力

歯科衛生士の仕事のやりがいや魅力は、以下のとおりです。

  • 患者さんの健康を口腔内から守ることができる:食べ物を噛み砕くなど、多くの役割がある歯や口腔内を健康に保つ歯科衛生士は、患者さんの健康を支えている実感を感じやすい
  • 患者さんから感謝される:口腔内のトラブルを抱えた患者さんを処置したり、保健指導したりすると、直接感謝の言葉をかけられることがある
  • チーム医療の一員として働ける:歯科衛生士は、歯科医師の次に高い歯科医療の知識を持っているため、コミュニケーションのハブ役となる

やりがいに関してより詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。

歯科衛生士の仕事に向いている人

歯科衛生士の仕事に向いている人の特徴は、以下のとおりです。

  • 人の役に立ちたいという想いが強い人:患者さんの口腔ケアなど、歯科医師の補助業務を通して、人の役に立ちたいと考えている人
  • 細かな作業が得意な人:歯科予防措置など、何時間もコツコツと細かい作業をこなせる人
  • 体力に自信がある人:患者さんの姿勢や体格に合わせて体勢を変えたり、立ちっぱなしで仕事ができたりできる人
  • コミュニケーション能力が高い人:率先して挨拶したり、話し方を工夫したりできる人

歯科衛生士の仕事に役立つ資格

歯科衛生士の仕事に役立つ資格は、以下のとおりです。

日本歯科衛生士会 認定歯科衛生士|分野A:生活習慣病など、特定の分野で高度な知識や技能を持っていることを認定する資格
日本歯科衛生士会 認定歯科衛生士|分野B:障がい者歯科などの分野で、日本歯科衛生士会が認定する資格
日本小児歯科学会 認定歯科衛生士:小児歯科の知識や技能があることを認定する資格
日本歯周病学会 認定歯科衛生士:歯周病の対応が行えることを認定する資格
日本臨床歯周病学会 認定歯科衛生士:歯周病の予防や治療の専門的な知識・技術を持つことを認定する資格

その他、歯科衛生士が持っていると良い資格について、より詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。

仕事内容を理解して歯科衛生士をめざそう

歯科衛生士の仕事内容について解説しました。

歯科衛生士の主な仕事は歯科診療補助、歯科予防処置、歯科保健指導の3つで、その他にも口腔機能訓練やホワイトニングなどを行う場合もあります。
歯科衛生士は、歯科医行為のうち、相対的歯科医行為に該当するものを行うことが可能です。

仕事内容を正しく理解し、歯科衛生士をめざしてみてください。

歯科衛生士の求人を探す

執筆者について

情報かる・けるは、医療・介護従事者として働いている方や、これから目指す方の「知りたい」に応えるメディア。 全国61,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://x.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。